.

成蹊大学
法学部
英語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から成蹊大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

英語対策

このページでは、成蹊大学 法学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の法学部を目指す方には英語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

傾向

成蹊大学 法学部(一般入試 [A方式])の英語は、大きく3つの特徴があります。

・発音、アクセントは毎年出題されます
・「語の定義」問題が必出
・長文読解は内容把握問題が中心

こうした傾向に合わせ、成蹊大学 法学部(一般入試 [A方式])の英語で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

発音・アクセント、文法・語彙、読解が出題されます。

難易度

標準

出題量

例年大問6題が出題されます。そのうち、「発音・アクセント」が1題、「文法・語彙」が2~3題、「読解」が2~3題です。

出題・解答形式

解答はすべてマークシート方式です。

出題内容

発音・アクセント問題は、アクセントのある音節の母音が何かを見分ける問題です。
文法・語彙は、語の定義、空所補充、語句整序などが出題されます。
読解は、空所補充、内容説明、内容真偽、要約、同一用法、同意表現、欠文補充などが出題されます。

対策

発音・アクセント問題は満点を狙って得点源にする

発音・アクセントの問題は、「知っているか、知らないか」だけで点差が開きます。しっかりと対策をし、満点を狙って得点源にしましょう。対策のポイントは、単語・熟語を覚える際に、発音記号を見て発音練習をすることです。教材にCDが付いていれば、聞きながら練習するのも良いでしょう。
また、発音・アクセント専用の問題集で勉強する場合は、佐々木欣也著『短期で攻める最頻出問題 発音・アクセント300』(桐原書店)などがオススメです。
発音・アクセントを覚えるには根気が要りますが、成蹊 法学部の傾向に詳しい人に頻出の問題を教えてもらい、効率良く勉強していくのも手です。出る問題だけを重点的に勉強することで、得点力を養うことができます。

語彙問題の攻略法

成蹊 法学部では、「語の定義」問題が必出なので、英単語の意味を英語で説明されて理解できる力を養う必要があります。こうした語彙問題で高得点を取るには、語彙力を養うのはもちろんですが、ただ語彙数を増やせば良いというわけではありません。
対策のポイントは、普段から英英辞典を使うことです。単語がどのように説明されているかに関心をもって勉強を進めることが大切です。語彙力を養うのにオススメの教材として、単語集は、宮川幸久著『英単語ターゲット1900』(旺文社)、熟語集は、花本金吾氏著『英熟語ターゲット1000』(旺文社)などがあります。
さらに、成蹊 法学部の傾向に詳しい人に、頻出の単語や熟語などを教えてもらい、対策するのも良いでしょう。頻出の語彙を熟知しているので、狙われやすい単語や熟語を優先して、効率良く覚えることができます。

長文読解で高得点を取る方法

成蹊 法学部の長文読解は、細かな箇所を問う設問よりも、文全体の内容把握を問う設問が中心です。全体の概要をざっと把握して、効率良く解くには、パラグラフリーディング段落ごとに要点をつかみ、文章全体の要旨を把握する読み方が重要です。パラグラフリーディングをする際、設問で聞かれていることを先に把握して、注目すべき箇所を意識しながら問題文を読むようにしましょう。普段から、長文読解演習ではパラグラフリーディングを実践し、この方法に慣れることが大切です。
ただし、パラグラフリーディングは、現状の学力によって、やり方やスピードが変わってきます。成績が伸び悩んでいる場合は、成蹊 法学部の傾向に詳しい人に、自分に合った対策法を指導してもらうのも手です。

成蹊大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学法学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ