.

成蹊大学
法学部
世界史 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から成蹊大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

世界史対策

このページでは、成蹊大学 法学部の世界史入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の法学部を目指す方には世界史入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

傾向

成蹊大学 法学部(一般入試[A方式])の世界史は、大きく3つの特徴があります。

・近現代史の比重が大きい
・一国史が出される
・正誤問題が多い

こうした傾向に合わせ、成蹊大学 法学部(一般入試[A方式])の世界史で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

古代~現代の範囲で出題されます。西洋史・東洋史共に出題があります。

難易度

やや難

出題量

大問3~4題の出題です。小問は50題前後あります。試験時間60分以内に解き終えるには、スピーディーに解かなければなりません。

出題・解答形式

全てマークシート法による選択式問題です。記述式問題はありません。マークシートを記入する際に、ミスをしないように注意しましょう。模試やテストのときなど、普段からミスをしないように心がけることが大切です。

出題内容

古代~現代の範囲で出題されますが、近現代史の出題が多くなっています。
西洋史・東洋史共に出題されますが、西洋史に重点が置かれた内容です。ヨーロッパ史やアメリカ史を中心に、ロシアやラテンアメリカからも出されます。
東洋史は、イスラーム史を中心に、中国史からの出題もあります。
分野別にみると、政治史を中心に社会史や文化史からも出されます。

対策

近現代史対策

近現代史は、出題量が多いので、この分野の出来が合否を左右すると言っても過言ではありません。
近現代史対策のポイントは、国際関係史の年代を整理しておくことです。歴史事項の年代配列を問う問題や、細かい年号の知識が必要な問題が出されるので、しっかり流れをつかんでおきましょう。特に、重要な外交・条約・戦争については、正確な年代も暗記しましょう。
成蹊 法学部の世界史では、第二次世界大戦後の現代史についても多く問われます。現代史は、あまりボリュームの多い範囲ではありませんが、その分、細かな知識を問う問題が多く、難問も出題されます。そのため、ほかの受験生と差がつけやすい問題でもあります。教科書だけでなく、用語集を活用して知識を広げていきましょう。特に、冷戦や紛争、地域統合の分野は出題頻度が高いので、重点的な学習が必要です。また、普段から、国際政治・経済のニュースにも注目しておくこと良いでしょう。
ただ、学校によっては、現代史を授業であまり深く扱わない場合もあります。そのような場合は、独自に対策を進めるか、成蹊 法学部の世界史の傾向に詳しい人の手を借りるのも良い対策です。押さえておくべきポイントを絞って教えてくれるので、効率よく合格に必要な力を身につけられます。

一国史のポイント

1つの国や地域を取り上げて出題される一国史は頻出です。2014年度はイギリスについて出題されました。ここで合格点をねらうには、1つの国や地域の歴史だけでなく、その周辺地域や関係事項についても理解することが必要です。
一国史対策では、サブノートを活用しましょう。おすすめのサブノートは、山川出版社の『各国別世界史ノート』や『詳説 世界史学習ノート』です。『各国別世界史ノート』は、タイトル通り、国や地域ごとに内容をまとめてあるので一国史対策には最適です。また、『詳説世界史ノート』は、他の国との関係や関連事項をつかみやすいので、2種類のサブノートを使い分けて対策を進めると良いでしょう。山川出版社以外からでもサブノートは出版されているので、自分が使いやすく、成蹊 法学部の入試内容に即したものを選ぶようにしましょう。

ただ、サブノートを使っても、独自の対策だけでは時間がかかって大変です。試験の傾向や、ポイントがつかみにくい場合は、成蹊 法学部の世界史に詳しい人に対策を講じてもらうと良いでしょう。

正誤問題は根拠を大切に

50問程度の小問のうち、約半分が正誤問題です。そのため、合格点を取るには、正誤問題を攻略しなくてはいけません。
正誤問題を解くためのポイントは2つあります。
1つ目は、問題の形式に慣れておくことです。演習を繰り返し、多くの問題にあたるようにしましょう。演習をする際に役立つのが、センター試験の問題です。センター試験の問題は、全てマーク式の選択問題であり、正誤問題が多く出されています。難易度も標準的で、成蹊 法学部の出題形式に近い形で出題されているので演習には最適です。
過去5年分程度の過去問を解き、演習量を増やしておきましょう。

2つ目のポイントは、「なぜその選択肢を選んだのか」という根拠を明確にして解くことです。
根拠を明らかにせず、ただ、問題をこなすだけの演習は意味がありません。「なぜその選択肢を選んだのか、なぜ他の選択肢は誤っているのか」を全ての選択肢について説明できるようにすることが大切です。わからなかったり間違ったりした問題は、そのままにせず必ず復習しましょう。
ただし、復習の時に、問題や選択肢を1つ1つ教科書で確認していては時間がかかりすぎてしまいます。成蹊 法学部の入試傾向に詳しい人に解説をしてもらうと、傾向に合わせてポイントを絞った指導をしてくれます。問題集の解説ではカバーできないところまで教えてくれるので、効率よく合格に直結する力を身につけられます。

成蹊大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学法学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ