.

成蹊大学
理工学部
化学 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から成蹊大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

化学対策

このページでは、成蹊大学 理工学部の化学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の理工学部を目指す方には化学入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

成蹊大学 理工学部の化学は、出題範囲が「化学基礎・化学」となっています。例年、出題量は大問6題程度、試験時間は80分です。解答形式は、マーク式と記述式の併用です。

出題内容

成蹊大学理工学部の物化学は、大問1~3が小問集合問題となる傾向があります。小問集合問題を含め、理論、無機、有機からまんべんなく出題されています。

入試問題の難易度は基本~標準レベルとなっています。

化学反応式、構造式を書かせたり、計算問題で計算過程を書かせたりなど記述対策も必要です。

対策

基本事項を徹底的にマスターしよう

成蹊大学 理工学部の化学は、基本~標準レベルの入試問題となっています。教科書を使って、基礎事項を徹底的に理解することに努めましょう。

基本が頭に入ったら、次に例題・練習問題・章末問題を演習するというステップを繰り返すことで、基本事項を使い方とともに定着させましょう。

暗記作業と計算練習の両立をする

化学は、計算練習も必要ですが、物理に比べて暗記量が多いです。

また、日本史などの暗記と違って、流れがあるわけではないので、一度暗記したものが抜けてしまいがちです。

ある分野に偏って演習をするのではなく、暗記作業と計算練習を両立させましょう。

特に無機分野や、有機分野の構造式関係は、抜けやすいので定期的に復習するようにしましょう。

化学反応式を完璧にする

成蹊大学 理工学部の化学では、化学反応式やイオン反応式を書かせる問題がよく出題されます。
また、計算問題においても、化学反応式を覚えていないと、正答できない問題も多いので、化学反応式を完璧に暗記し、理解しておくことが必須です。

成蹊大学・理工学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・理工学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・理工学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学理工学部の他の教科も確認する

成蹊大学・理工学部 科目別対策

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ