.

CM放映中!!

成蹊大学を目指す
受験生に多い「落とし穴」

ここでは、成蹊大学を目指す受験生に多い落とし穴、よくある勉強法の間違いを挙げています。
頑張っているのに成果が出ていない受験生の場合、勉強の方向性や内容そのものを間違えていることが多いので、当てはまることがないかチェックしてみてください。

受験勉強全体

成蹊大学に的を絞った勉強ができていない

受験対策をする際、「私大英語の対策」などと各大学をひとくくりにしている場合がありますが、実は、それぞれの大学で入試傾向があるため、志望大学ごとの入試対策が必須です。

成蹊大学の英語を例に挙げると、成蹊大の長文読解は細かな箇所を問う設問よりも、文全体の内容把握を問う設問が中心に構成されています。そのため、パラグラフリーディングを行う練習が効果的です。反対に、細かな箇所を読み込む精読の対策をするのは、少々遠回りな合格対策と言えます。

以上のように、成蹊大学に合格するには、成蹊大の難易度・入試傾向に対応した受験勉強が不可欠なのです。

成蹊大学の入試までの計画が曖昧

最近の予備校や高校では受験までの計画表を生徒に手渡すことが多いですが、それだけで「計画を立てたつもり」になってしまう受験生が多くなっています。しかし、この計画表は受験生全般にあてたもので、一人ひとりのレベルや受験校に合わせたものではありません。また、自分で計画を立てている受験生でも、計画の基本である「いつまでに・何を・どれくらいやるのか」が全然決められていない受験生が多いです。

成蹊大学に合格するためには、現在の実力と、成蹊大の入試で必要なレベルの差を割り出して対策をすることが重要です。

英語編

パラグラフリーディングの練習ができていない

成蹊大の英語は長文読解の割合が大きいです。そのため、この長文読解で高得点をあげることが合格への近道となります。しかし、成蹊大の長文読解は、同レベルの他私大と違い、文全体の内容把握を問う設問が中心です。

文全体の内容把握やテーマ問題に強くなるには、精読する力ではなく、読み進めながらパラグラフを要約する力が必要になります。ですが、その認識ができていない受験生が多く、受験生のほとんどが成蹊大学の入試に合わせた学習をうまく行えていません。

語彙力が足りないのに読解問題ばかり解いている

成蹊大学の英語は、長文読解でいかに得点できるかがカギとなります。しかし、そもそも、長文を読むのに必要な語彙力(単語、イディオム等)や語法力が身についていないのに、やみくもに長文を解いている受験生は少なくありません。これではいくら勉強しても成果は出ないので注意が必要です。

メガスタディオンライン
ページトップへ