.

法政大学
法学部
英語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から法政大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

英語対策

このページでは、法政大学 法学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
法政大学の法学部を目指す方には英語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

法政大学・法学部 国際政治学科 英語の基本情報

試験時間 90分
大問数 4題
解答形式 マークシート型
頻出単元 空所補充・内容真偽・同意表現

法政大学・法学部 国際政治学科 英語の傾向

長文読解の特徴

法政大学法学部(国際政治)の英語は、4題すべて読解問題での出題になります。

論文の内容は、人文科学系・自然科学系から出題されることが多い傾向にあります。

4題すべて読解問題からの出題ですが、設問は内容真偽や内容説明だけではなく、空所補充・同意表現・語句整除などの多岐に亘る設問が出題されます。

試験時間に対して、かなり分量の多い英文が出題されることがありますが、標準的なレベルの問題がほとんどです。

いずれにせよ、全問長文読解問題での出題であるため、時間配分には注意しましょう。

文法・語彙問題の特徴

法政大学法学部(国際政治)の英語では、4題すべて読解問題であるにもかかわらず、空所補充や語句整序、同意表現の問題が頻出される傾向にあります。

つまり、高得点を狙うためには、読解力だけではなく文法力・語彙力も十分につけておく必要があります。

 法政大学・法学部 国際政治学科 英語で合格点を勝ち取るには

読解力の養成・読解スピードアップ

法政大学法学部(国際政治)の英語は、90分の試験時間に対して長文読解を4題解かなければならず、時間との勝負がかなり重要であると言えます。

一方で、設問内容が、空所補充や下線部についての内容理解を問うものであるため、どこが解答につながる英文なのかがわかりやすい問題が多いとも言えます。

パラグラフごとの内容を大まかに掴みつつ、設問箇所に該当する英文を読み解答すると効率よく解き進めていけるでしょう。

ただ、前提として、英文をすべて読みこなして内容を理解できるレベルの読解力を身につけることは必須です。

 文法・語彙力の強化と背景知識の獲得

法政大学法学部(国際政治)の英語は長文読解が重視されています。

しかし、空所補充や同意表現の設問も多く、そのような問題をスピーディーに解ければ問題文の精読などに時間を割くことができます。

そのため、単語や熟語の語彙力の定着、基本的な文法の理解は必須です。

また、長文読解のテーマは例年似たようなもの(人文科学系・自然科学系)から出題される傾向にあるため、そのテーマを扱っている問題集に取り組み、背景知識や専門用語などを学んでおくことも有効です。

法政大学・法学部 法律・政治学科 英語の基本情報

試験時間 90分
大問数 4~5題
解答形式 マークシート型
頻出単元 空所補充・内容説明・同意表現

法政大学・法学部 法律・政治学科 英語の傾向

文法問題の特徴

昨年度まで大問4題でしたが、2018年から会話文問題が1題加わり、5題になりました。

例年、文法・語彙の大問は出題されておらず、2018年に追加された会話文問題も、会話表現を直接的に問う形式ではありませんでした。

そのため文法・語彙の知識を直接的に問う大問はありません。

ただし、長文読解の中で、空欄に単語を埋めたり、語句を並べ替えたりする問題が出題されているため、過去問等での対策は必要になります。

長文読解の特徴

大問5題のうち長文読解は4題出題されています。

問題文のテーマは幅広く、社会問題、環境問題、インターネットなどがテーマに選ばれています。

また、2018年から追加された会話文問題は、戯曲をテーマに用いた問題で、意表をついた出題でした。

設問を見ると、空所補充、内容説明、同意表現、内容真偽、語句整序などが中心に出題されていて、中には実質的な文法問題も見られます。

設問は標準的だが、英文量が多いため、読解力のなかでも速読の練習を行うようにしましょう。

 法政大学・法学部 法律・政治学科 英語で合格点を勝ち取るには

読解力の養成

法政大学法学部 法律・政治学科の場合、問題の大半が長文読解となります。

試験時間に対して問題量が多く、時間の余裕はありません。

そのため、英文の「論理展開」を素早く、正確につかめる力が合格を決めます。

英文を読むときは、最初に一回速読し、大雑把に内容を把握し、その上で段落ごとに精読し内容をまとめていく練習をしましょう。

その際、however、yet、still、nonetheless、などの接続詞、繰り返しの表現、言い換え表現、類似表現に注意しましょう。

 様々なテーマから出題される長文

法政大学法学部 法律・政治学科の場合、英文自体は難解ではありませんが、幅広いテーマで出題されます。

日頃から様々な事柄に興味を持つこと、教養を身に着けることが求められます。

普段からテレビのニュースの解説や新聞の社説、雑誌等で幅広い教養を身に付けることを心がけましょう。

言い換え表現や、指示語問題の攻略がカギ

法政大学法学部 法律・政治学科の問題では、下線部の意味に近い英文を選択肢から選ぶ設問が目立ちます。

言い換え問題では、同意表現や類義語・多義語が狙われやすいので、単語帳や文法書を用いて知識の整理をしておきましょう。

法政大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、法政大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、法政大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 法政大学法学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ