.

CM放映中!!

法政大学  政治経済
入試傾向と対策ポイント

このページでは、法政大学の政治経済の特徴や攻略ポイントを解説しています。法政大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

法政大学の政治経済入試問題の特徴

標準的な問題が中心

法政大学の政治経済は、ほとんどが高校の学習内容でカバーできる問題となっています。そのため、まずは教科書を使って基礎知識の理解と習得に力を注いでください。教科書は本文を読むだけではなく、グラフや表、図版・脚注までしっかりと目を通すことが重要です。政治や経済の基本的な考え方、歴史の大まかな流れが理解できたら、問題集の演習に取り組みましょう。使用する問題集は、教科書に準拠した標準的なもので、解説の多いものがお勧めです。

時事問題は難問が出題される

法政大学の政治経済で出題される時事問題は、教科書レベル以上の知識を問う問題が多いです。政治分野・経済分野から幅広く、旬の話題がピックアップされています。特に、不況、デフレスパイラル、生活保護、債務問題といった、現代日本が抱える課題を意識した出題がなされる傾向があります。
そのため、教科書での基本的な学習にプラスして、日頃から新聞やニュースで情報を収集して対策を立てる必要があります。新聞は、政治・経済に特化した解説文の多い「日本経済新聞」が、法政大学の政治経済対策として有効です。政治・経済・国際面に書かれている重要な記事は、切り抜きやメモをしてまとめておくと、ニュースの動向の把握や復習に役立ちます。

メガスタディオンライン
ページトップへ