.

法政大学  化学
入試傾向と対策ポイント

このページでは、法政大学の化学の特徴や攻略ポイントを解説しています。法政大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

法政大学の化学入試問題の特徴

難易度は基本~標準レベル

法政大学の化学は、基礎的な問題や入試標準レベルの問題で構成されています。そのため、まずは基礎固めが重要です。化学式や化学反応式などの化学の基本的な知識を正確に覚えてください。さらに、基礎知識を定着させるためにも教科書準拠の問題集などの反復演習をしっかりと行いましょう。

全問記述式での解答

法政大学の化学は、記述による解答が求められます。化学の重要用語は、ミスなく正確に覚えましょう。
また、論述問題が出題されることもあります。法政大学の化学の論述問題は、理由を問われる問題や簡潔な説明を求められる問題が主です。 現象や反応の理由などについて、自分の考えを簡潔に書く練習を欠かさず行ってください。他の人に添削を依頼するのも、論述対策として有効です。
法政大学の化学は記述式なので、計算問題では途中計算も書く必要があります。日頃から手を動かして最後まで計算し、計算式を省略せずに答案を作成してください。さらに、採点者を意識して、誰がみてもわかりやすい答案を書くことを心がけましょう。

環境問題や新素材分野の問題が見られる

法政大学の化学では、近年、環境問題や新素材分野を絡めた出題がみられます。これらの問題への対策は、教科書や問題集だけでは難しく、不十分です。日ごろから身近な物質や環境問題を意識し、これらに関したニュースなどを漏らさずチェックできるよう、アンテナを張っておきましょう。

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ