.

法政大学  世界史
入試傾向と対策ポイント

このページでは、法政大学の世界史の特徴や攻略ポイントを解説しています。法政大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

法政大学の世界史入試問題の特徴

テーマ史が頻出

法政大学の世界史では、テーマ史でひとつの大問がつくられることが多いです。テーマ史問題を解くには、そのテーマに即して、幅広い年代や国・地域を網羅しておかねばなりません。そのため、年号順に学習していく教科書だけでは、テーマ史問題の対策を取ることは難しいです。政治や経済、物流、宗教、文化など、様々なテーマに基づいて、自分でノートにまとめて整理しましょう。

正誤問題の難易度が高い

法政大学の世界史で出題される正誤問題(選択問題)は、難易度がやや高めです。この正誤問題にはあやふやな知識では太刀打ちできません。「なぜその選択肢を選んだのか」という根拠を明確にして解くことができるように、正確な知識を身につけておきましょう。
また、日頃の学習で正誤問題に取り組んだ際は、その復習をすることが大変重要となります。間違えた問題や自信のなかった問題は、答えあわせの際に、正しい選択肢と間違っている選択肢の理由づけができるようになるまで教科書や用語集で確認し、正しい知識を定着させてください。

地理的な内容を含む問題が多い

法政大学の世界史は、地名を答える問題や地図を使った問題がよく出題されています。日頃の学習で、地名が出てきたら、必ず地図で確認するようにしましょう。また、地名を暗記する場合には、その土地に関連する出来事や人物などもおさえておくことがポイントです。土地と関連して出来事や人物を覚えておくと、スムーズに問題を解くことができるようになります。

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ