.

法政大学  国語
入試傾向と対策ポイント

このページでは、法政大学の国語の特徴や攻略ポイントを解説しています。法政大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

法政大学の国語入試問題の特徴

標準的な問題が中心

法政大学の国語は、入試標準レベルの問題がほとんどです。日々の学習で、教科書準拠問題集や過去問の演習をきちんとこなしていれば、十分対応することが可能です。しかし、基礎的な部分が少しでも欠けていれば、大きな失点を被ることになります。現代文における熟語などの語彙、古典における古文単語や文法・句法といった基礎はもれなく固めておきましょう。また、問題演習には、教科書準拠問題集や過去問のほか、センター試験問題集を活用するのも有効です。

問題のボリュームに対して試験時間が短い

法政大学の国語の特徴としては、問題数のわりに試験時間が短いことが挙げられます。どの学部も、大問数3~4題に対して、試験時間は60分という設定がなされています。このような短い試験時間に対応するには、十分な問題演習と過去問対策が必要です。法政大学を目指す受験生は、語彙や熟語などの基本事項の習得が済んだら、問題演習をたくさんこなすための計画を立ててください。過去問演習をする際は、本番のように時間を計って取り組みましょう。

漢字・熟語の知識問題が必出

法政大学の国語では、例年、漢字や熟語などの書き取り問題もしくは選択問題が必ず出題されています。入試頻出の漢字問題集を1冊マスターし、漢字や熟語の知識をたくさん身につけましょう。また、読解問題の演習時に知らない漢字・熟語が出てきたら、辞書で確認し、語彙数を増やしてください。

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ