.

全国対応の家庭教師

明治大学  農学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、明治大学 農学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
明治大学の農学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。



明治大学 農学部 英語の基本情報

試験時間 60分
大問数 3題
解答形式 マークシート・記述併用型
頻出単元 発音・アクセント・会話文・空所補充

明治大学 農学部 英語の傾向

長文読解の特徴

明治大学農学部の英語の長文読解では「生物や環境をテーマとした自然科学の分野」と、「教育や哲学などをテーマとした社会・文化の分野」からの出題が多くなっています。

30年度は『ホモサピエンスだけが特別な存在か』というテーマの評論文が出題されました。

また、会話文も例年出題されています。

口語的な表現が使われることもありますが、会話の流れを意識して読み込めば解ける問題が多いです。

論説文・会話文ともに英文自体はそれほど難解ではありませんが、試験時間が60分と短いため、速読力が求められます。

文法・語彙問題の特徴

明治大学農学部の英語の文法・語彙問題では「空所補充」や「発音・アクセント」が出題されます。

「空所補充」では、2つの英文に共通して入る語を選ぶ問題が出題されます。

1つの語が2通り以上の使われ方があることを知っている必要があるため、十分な語彙力が必要です。

同時に、柔軟な発想も求められます。

明治大学 農学部 英語で合格点を勝ち取るには

読解スピードアップと背景知識の準備を

明治大学農学部の読解問題は、英文自体はそれほど難解ではありません。

しかし、試験時間が60分と短いため、読解問題に時間を使いすぎてしまうと後半の問題にゆとりを持って臨めないという恐れがあります。

何度も同じ箇所を読み返さないように、まずはパラグラフごとの要点や展開を丁寧に理解するための精読が必要です。

精読ができるようになったら、試験時間を考慮してスピーディーに読むことを意識しましょう。

また、英文は農学部という学部を意識したテーマが取り上げられる傾向があります。

テーマについての背景知識があると理解しやすくなりますので、新書などを読み、知識の幅を広げておくことも、他の受験生と差をつけるポイントです。

さらに、出題テーマが独特ですので、過去問を利用して、専門的な単語やフレーズをノートにまとめるなどの対策が効果的です。

「空所補充問題」と「発音・アクセント」への対策

明治大学農学部の英語の文法・語彙問題では、主に英文の「空所補充問題」が出題されます。

頻出なのは、「仮定法」「関係詞」「比較」などです。

このあたりは重点的な対策が必須です。

また大問3では、二つの英文に共通する単語を答える問題が出るので、多義語の対策は必須といえます。

辞書を引くときはその語の持つ意味に一通り目を通しておくと良いでしょう。

さらに、「発音・アクセント」も頻出です。

まずは発音・アクセントに関する基本的なルールを押さえ、その上でよく問われるような特殊な読み方をする単語については整理しておきましょう。

さらに詳しく明治大学・農学部の傾向と対策を知りたい方、明治大学・農学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、明治大学・農学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、明治大学・農学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 明治大学農学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ