.

明治大学  地理
入試傾向と対策ポイント

このページでは、明治大学の地理の特徴や攻略ポイントを解説しています。明治大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

明治大学の地理入試問題の特徴

多種多様な問題形式。時間切れに注意

明治の地理は、記述・論述・描図・計算・配列法など、形式が多様です。また、地図・地形図・統計表・グラフを用いた問題が目立つのも特徴です。試験時間60分で、多種多様な問題を50問解くことを考えると、明治の地理で時間配分には注意が必要です。

明治の地理は統計表が頻出

明治の地理では、「統計表やグラフを使った問題」、「統計的理解を前提とした問題」が毎年出題されています。なかには、見慣れない統計数値が出ることもあります。統計数値・順位を見て、地域の特色・地理事象の意味が判断できることが大切です。

論述問題

明治の農学部・全学部統一入試などの地理では、一部の学部・日程を除き、例年、短文記述問題が出題されます。単語の暗記だけではなく、地理的な事象についての原因や変化への深い理解が求められます。要点を押さえつつ、いかに字数制限内で解答するかが、攻略のカギです。

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ