.

明治大学  日本史
入試傾向と対策ポイント

このページでは、明治大学の日本史の特徴や攻略ポイントを解説しています。明治大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

明治大学の日本史入試問題の特徴

近現代史の割合が高い

明治大学の日本史は、古代~現代まで幅広く出題される学部がほとんどですが、その中でも、近現代史は重要視されることが多いです。近現代史は、苦手としている受験生が多いので、差をつけるためにも、外交史や経済史を中心に、確実な知識をつけておきましょう。

史料問題を課す学部が多い

明治大学の日本史では、史料問題を出題する学部が多くみられます。まずは、教科書・史料集に載っているものは確実に目を通し、歴史的な背景を踏まえて覚えておきましょう。次に、初見となる史料問題でも解答できるように、史料問題の演習をし、史料の作成時代、キーワードなどから何の出来事に関連する史料なのかを推察する力をつけましょう。

正誤問題に注意

明治大学の日本史では、歴史用語の記述問題については教科書レベルの標準的な内容が多いですが、正文・誤文の選択問題では、詳細な知識や、歴史の横のつながりについて問われることがあります。歴史の横のつながりをおさえるためには、単語の丸暗記ではなく、時代背景を抑える必要があります。また、正誤問題を演習する際は、採点後に丁寧に復習をし、どこが正しくてどこが正しくなかったのか、しっかりとおさえましょう。

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ