.

明治大学  政治経済
入試傾向と対策ポイント

このページでは、明治大学の政治経済の特徴や攻略ポイントを解説しています。明治大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

明治大学の政治経済入試問題の特徴

教科書の徹底理解が合格のカギ

明治大学の政治経済は、ほとんどが教科書に載っているような基本的な知識で答えられる問題で構成されています。一部に難問が見られる学部もありますが、基礎~標準レベルの問題でしっかり点数を取っていれば、合格は難しくありません。

時事問題の出題が多い

明治大学の政治経済では、政治・経済・国際関係など、比較的どの分野からもまんべんなく出題されています。しかし、時事的事柄を取り扱う問題が多いので注意が必要です。入試の前年度までに起こった出来事や話題になった用語は詳細に理解しておきましょう。過去問での対策は、10年前の古い過去問までさかのぼるよりも、他学部のここ数年分の過去問を解くほうが効果的です。

学部ごとの特色が現れている

明治大学の政治経済は、問題内容に各学部の特徴が色濃く現れます。政治・経済・国際関係など、満遍なく出題されるのですが、法学部なら、憲法条文と政治を組み合わせた問題が出題されるといったように、各学部に関連のある事柄を絡めた問題が出題される傾向にあります。特に時事問題では、その傾向が顕著です。明治大学の政治経済対策には、すべての分野を広く学ぶと同時に、各学部の傾向にあわせて、狙われやすいものや、押さえておくべき時事ニュースを漏れなくチェックしておきましょう。

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ