.

明治大学  英語
入試傾向と対策ポイント

このページでは、明治大学の英語の特徴や攻略ポイントを解説しています。明治大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

明治大学の英語入試問題の特徴

速読即解力に加え、精読力も必要

明治の英語の特徴は、長文読解のボリュームがかなり多いことがまず挙げられます。長文読解は、法学部の総語数約2500語を筆頭に、商学部約1600語、文学部約2000語、政治経済学部1400語とかなりの量です。また、明治の英語は学部にもよりますが、他大学の英語の長文読解と比べると、パラグラフごとの概要理解力、精読力が求められるのも特徴です。

試験時間が短い

明治の政治経済学部・文学部・農学部の英語の試験時間は60分と、上位私立大学の英語の試験時間としては最短の部類です。早慶と比較すると、明治の英語は長文のボリュームが少ないように思えますが、試験時間が短いので、高度な処理能力が求められます。

文法・語彙問題の対策は必須

明治の英語の場合、文法・語彙問題が独立した大問として出題されるのは、一部の学部のみです。ですが、長文読解で高度な文法・語彙知識が求められることには変わりません。学部によっては、長文読解も、設問の半分が「言い換え」「空所完成」など語彙力を問う問題です。

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ