.

全国対応の家庭教師

明治大学  農学部
政治経済 入試傾向と対策ポイント

政治経済対策

このページでは、明治大学 農学部の政治経済入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
明治大学の農学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

明治大学農学部 政治・経済の入試傾向

基本情報

試験時間 60分ほど
大問数 5題
解答形式 マークシート・記述
その他 解答時間は国語とあわせて120分

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 政治 記述・マーク式 日本国憲法について
2 政治・経済 記述・マーク式 政治経済に関する小問
3 経済 記述・マーク式 社会保障制度について
4 現代社会 記述・マーク式 資源環境問題に関する小問
5 現代社会 記述・マーク式 食料・農業・農村について

経済や農業分野からの出題が多い

今年度は、政治経済の総合問題が1題、政治分野から1題、経済分野から1題、現代社会分野から2題の出題パターンでした。政治・経済分野の設問は教科書レベルで、スタンダードな問題がほとんどです。
一方、現代社会の分野では、食科環境政策学科という学科柄、環境問題などを含んだ農業分野の問題が出題されます。環境問題、食関連問題、食糧自給率などの問題が多く出題されるので独自で対策が必要です。

明治大学農学部 政治・経済の対策

基礎問題を確実に

農学部の政経では、政治・経済に関する小問の多くが教科書レベルのものであり確実にものにする必要があります。
なので学習をする上で、まずは教科書をしっかり押さえましょう。その後は模試や参考書で数多く問題をこなし、自分の知識の抜けがないか繰り返し復習しましょう。

農業分野の問題の対策

農学部の政経は、農業分野で深く突っ込んだ知識が問われます。対策としては、環境や食糧に関する時事的な事柄に関心をもつことです。日頃から、新聞やニュースに関心を持つようにしましょう。
また、農林水産省から出されている「食料・農業・農村白書」を読むのもよいでしょう。過去には、「食料・農業・農村白書」から引用された文章がリード文となったこともあるので、一度は目を通しておきましょう。

過去問で演習をする

明治大学 農学部の政経では、農業分野から出題されるという突出した特徴があります。早めの段階から過去問を解き、どういった形式で農業分野が問題に組まれるのかを確認したうえで、それに対応した勉強をできるようにしましょう。

さらに詳しく明治大学・農学部の傾向と対策を知りたい方、明治大学・農学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、明治大学・農学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、明治大学・農学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 明治大学農学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ