.

全国対応の家庭教師

明治大学  商学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、明治大学 商学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
明治大学の商学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。



明治大学 商学部 英語明治大学 商学部 英語の基本情報

試験時間 80分
大問数 4題
解答形式 マークシート・記述併用型
頻出単元 会話文・空欄補充・論説文

 明治大学・商学部 英語の傾向

長文読解の特徴

例年、大問2で会話文が、大問3・4で読解問題が出題されています。

問われるジャンルは論説文・随筆文を問わず出題され、受験生にとってなじみのないテーマから出題されることもあります。

設問の内容は内容説明や同意表現、空欄補充が中心で、空欄補充では文脈に合わせて語形を変化させる場合もあります。

文法・語彙問題の特徴

例年、大問1では空欄補充問題が出題されています。

これは文脈から判断するタイプの問題ではなく、語彙力や文法の理解を問うシンプルな問題となっています。

基礎的な知識の定着が欠かせません。

また、明治大学商学部の英語は長文読解問題でも語彙力を問われることが多くあります。これは商学部だけではなく、明治大学全体の英語の入試もそのような傾向にあります。

明治大学 商学部 英語明治大学 商学部 英語で合格点を勝ち取るには

速読よりもまず精読!

明治大学商学部の英語の長文読解攻略には、もちろん速読することは必要です。

しかし、ただ速く文章が読めても、何度も繰り返し読んでいたら意味がありません。

そもそも、内容を理解できないことには点数にはつながりません。

ですので、まずは語彙力を確実に定着させながら、1度で文章の内容を理解できるような精読が大切です。

英文の構造を把握しながら正確に文章を把握していきましょう。

慣れてきたら段落、主旨と広い視野で理解を深めていきます。

そして、徐々にスピードを意識して取り組んでみましょう。

語彙・文法力は欠かせない

明治大学商学部の英語では、長文読解でも語彙力を問う問題が数多く出題されます。

そのため、基礎的な語彙を完璧に身につけることはもちろん、難関校レベルまで範囲を広げていきましょう。

特に、大問1の空欄補充問題では持っている語彙力がそのまま得点に直結しますので、類似問題を数多く解いて知識の定着を図りましょう。

また、会話文問題への対策として口語表現の学習も行いましょう。


※注意※ 2018年度に導入された英語4技能試験利用方式においては、2019年度より英語の配点が150点から300点に変更になる予定です。出題範囲・試験時間等については大学公表の2019年度学生募集要項で必ず確認してください。

さらに詳しく明治大学・商学部の傾向と対策を知りたい方、明治大学・商学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、明治大学・商学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、明治大学・商学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 明治大学商学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ