.

明治大学
法学部
政治経済 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から明治大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

政治経済対策

このページでは、明治大学 法学部の政治経済入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
明治大学の法学部を目指す方には政治経済入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

政治・経済の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 4題
解答形式 マークシート・記述
その他

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 政治・経済 記述 国家に関する総合問題
2 政治 記述 選挙制度
3 経済 マーク 経済政策と高齢化社会
4 国際関係 マーク 核兵器廃絶への取り組み

政治分野中心の出題

今年度は政治・経済政治分野の総合問題が1題、政治分野から1題、経済分野から1題、国際分野から1題の出題パターンでした。全体をみると、例年通り政治分野中心の出題となっています。
政治分野では、政治思想や社会制度、人権に関する深い理解が試される出題がされてきました。また経済分野は労働問題や社会保障制度など近年の日本経済の諸問題が取り上げられています。国際分野は、国際政治と国際経済の両面からの出題となることが多いです。

記述問題が鍵となる

明治法学部の政治・経済では[1]で必ず出題論述問題が出題されています。例年は政治分野から、政治制度と日本国憲法、憲法の判例についての記述が出題されています。
しかし29年度の【1】では経済分野から、経済学者アダムスミスの「神の見えざる手」を説明する記述がありました。今回のように経済分野からの記述の出題が予想されるので気をつけましょう。

政治・経済の対策

政治学分野は本質的な理解を

法学部という学部の特性上、政治思想や人権思想については、かなり専門的な問題が出題されています。政治思想や制度の根幹を問う問題が多く、しっかりと本質が理解できていないと解答できない問題です。なので、まずは用語集や資料集を活用し正確な知識を身につけましょう。
特に市民革命前後の政治・経済・思想の動きや、明治憲法や日本国憲法の成立過程などは、日本史や世界史の教科書を活用して近代~現代の歴史的な背景をしっかりと押さえておきましょう。授業ではあまり触れない日本国憲法の細かな条文などは資料集等を活用し一通り理解しておきましょう。

経済・国際政治分野は広くおさえる

経済分野は教科書レベルの出題が比較的多いです。しかし近年は、教科書レベルの知識では解答が難しい問題が出題されることもあるので、用語集に加え日頃からテレビのニュースや新聞に目を通すようにしてください。「日本経済新聞」を定期購読することをお勧めします。
国際政治の分野は時事問題から多く出る傾向にあります。教科書等で基本的な知識をおさえながら、新聞と最新の資料集に日頃から目を通すようにして知識の幅を広げて行きましょう。

明治大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、明治大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、明治大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 明治大学法学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ