.

CM放映中!!

立教大学  文学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、立教大学 文学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
立教大学の文学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。



入試傾向

出題形式・出題内容

立教大学文学部の英語は、例年5題の出題で試験時75分となっています。マークシート方式と記述式の併用です。

例年読解から2題、会話文から1~2題、文法・語彙から1~2題出題されます。

読解問題は分量のやや多い長文が2題出題されるので、時間配分に注意する必要があります。文法・語彙問題は、標準的なレベルです。

対策

速読力の養成

立教大学文学部の英語は分量が多いため、速読の練習が必要です。また、さまざまなテーマが取り扱われるため、幅広い分野の長文を読んでおくとよいでしょう。

読解力の強化が必要

英文自体はそれほど難易度の高いものではありませんが、内容の理解を問う設問が中心に出題されます。全体の難易度としてはセンター試験よりやや高いといったところです。他学部の問題も同じような傾向にあるので、練習として解くとよいでしょう。英文を正確に把握すること、設問に該当する箇所を本文中から見つけることを心がけましょう。

会話文の問題も対策

立教大学・文学部の英語は、出題されなかった年もありましたが、会話文の問題が1~2題出題されることが多いです。基本的な口語表現は身につけておきましょう。センター試験の会話文問題を数多くこなすなどして練習しましょう。

語彙力・文法力の養成

立教大学・文学部の英語は、文法・語彙問題が毎年1~2題出題されていますが、難易度は標準的なものが中心であるので、市販の参考書で基本事項をしっかり固めておきましょう。また、長文読解は内容の理解を問う問題が多く出題されますが、当然ある程度の語彙力は必須になります。

さらに詳しく立教大学・文学部の傾向と対策を知りたい方、立教大学・文学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、立教大学・文学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、立教大学・文学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 立教大学文学部の他の教科も確認する

立教大学・文学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ