.

立教大学  世界史
入試傾向と対策ポイント

このページでは、立教大学の世界史の特徴や攻略ポイントを解説しています。立教大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

立教大学の世界史入試問題の特徴

設問数が少ない分、わずかなミスも許されない

立教の世界史は、大問2題構成、設問数40問程度というのが標準的な構成です。他の上位大学の世界史と比較すると、問題数が非常に少ない傾向にあります。その分、わずかなミスも許されないので、楽観視は危険です。

年代問題に要注意

立教の世界史では例年、「年代」に関する問題が出題されています。年代を直接問う問題だけでなく、重要な年代さえ知っていれば類推できる問題、配列法によって年代を問う問題など、様々な形式をで問われます。年代を出来るだけ暗記しておきましょう。

論述対策は不可欠

立教の世界史では1・2行程度の論述問題が毎年出題されます。「時代背景」や「歴史的意義」が問われますので、歴史の流れを捉える学習は必須です。設問に対する理解力、完結にまとめて記述する表現力が要求される試験です。

メガスタディオンライン
ページトップへ