.

全国対応の家庭教師

立教大学  物理
入試傾向と対策ポイント

このページでは、立教大学の物理の特徴や攻略ポイントを解説しています。立教大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

立教大学の物理入試問題の特徴

様々な問題形式に慣れる

立教大学の物理は、ほとんどが空所補充形式の選択問題として出題されています。しかし、年度により、記述式の論述問題やグラフ作成問題、図示問題、計算問題なども出題されたことがありました。そのため、立教大学の物理で合格点を取るためには、マーク式だけでなく記述問題の様々なタイプの問題演習をおこない、対応力をつけてください。

苦手分野を残さない

立教大学の物理は、出題範囲から幅広く出題されています。うろ覚えの分野や苦手分野を残しておくと、大きな失点をしかねません。特に物理Ⅱの分野は、学習が後回しになりがちなので、高校の進度より早めに学習して、復習の時間を十分に確保してください。十分に復習時間をとることで、苦手分野や学習の浅い分野を洗い出し、繰り返し復習することができます。

立教大学物理 学部別の出題傾向と特徴

メガスタディオンライン
ページトップへ