.

立教大学  生物
入試傾向と対策ポイント

このページでは、立教大学の生物の特徴や攻略ポイントを解説しています。立教大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

立教大学の生物入試問題の特徴

標準レベルの問題中心

立教大学の生物は、入試標準レベルの問題がほとんどです。穴埋めや選択問題が多いので、正確な知識が必要といえます。まずは教科書や教科書準拠問題集を使って、反復学習をすることで、しっかりと基礎知識を身に着けてください。

記述問題は対策が必須

立教大学の生物では、穴埋めや選択問題のほかに、論述問題や計算問題も出題されます。どちらも学習内容を正確に理解していれば、得点源になりうる問題です。しかし、インプットした知識をうまく活用できるようになるには、問題演習を繰り返し、経験を積む必要があります。ひととおり暗記がすんだら、問題演習に取り組み、知識の活用のしかたを身につけましょう。

実験問題が頻出

立教大学の生物では、近年、実験に関する問題も出題されています。その中には、問題文が長く、複雑な実験方法を用いた内容の出題もあります。普段の学習では、教科書や資料集で取り上げられた実験や現象の構造などを、正確な順序とともに押さえておきましょう。

立教大学生物 学部別の出題傾向と特徴

メガスタディオンライン
ページトップへ