.

CM放映中!!

立教大学  日本史
入試傾向と対策ポイント

このページでは、立教大学の日本史の特徴や攻略ポイントを解説しています。立教大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

立教大学の日本史入試問題の特徴

様々なテーマ史問題が出題される

立教大学の日本史は、複数の時代をまたがったテーマ別の通史問題が多いことが特徴です。そのテーマは、政治史、外交史、経済史や文化史のオーソドックスなものから、他大では見られないような一風変わったものまで様々です。立教大学の日本史で、これまでに出題されている独特なテーマとしては、「音楽史」「疫病の歴史」「資源の歴史」などが出題されています。基礎知識を充実させることはもちろん必要ですが、サブノートなどにいろいろな切り口で歴史をまとめて、テーマ史対策をとることも重要です。

史料問題対策が必須

立教大学の日本史では、史料問題も頻出です。その内容は、史料の空所補充問題や読み取り問題が主です。教科書や資料集に載っている基本的な史料は、しっかりと頭にいれましょう。その際は、解説から注釈まで隈なく目を通すことが重要です。

記述問題もあり

立教大学の日本史は、マーク式と記述式の併用です。記述問題では、漢字で書くべき語句をひらがな・カタカナで書いた場合や誤字をした場合は点数を得られません。暗記をするときは、ただ読むだけでなく、手を動かして書くことで正確に覚えるようにしてください。
また、論述問題も出題されています。自分の言葉で歴史の流れや相互関係を論述できるようにするためには、正確な歴史の流れの把握と詳細な知識が必要です。古代~現代まで、何度も何度も反復して学習することで、知識を確実なものにしましょう。

メガスタディオンライン
ページトップへ