.

全国対応の家庭教師

成蹊大学  文学部
国語 入試傾向と対策ポイント

国語対策

このページでは、成蹊大学 文学部の国語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の文学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

傾向

成蹊大学 文学部(一般入試[A方式])の国語は、大きく3つの特徴があります。

・現代文は評論メインの出題
・現代文、古文、漢文・漢字が出題される
・漢字、文学史も出題される

こうした傾向に合わせ、成蹊大学 文学部(一般入試[A方式])の国語で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

現代文、古文、漢文・漢字が出題されます。

難易度

標準・やや難

出題量

現代文、古文、漢文、各1題ずつで計3題の出題です。現代文の問題文の量は、やや多めです。

出題・解答形式

現代文は、字数指定のある説明問題が必出、空所補充、語意なども問われます。文学史の出題も毎年見られます。古文は、字数指定のある口語訳や説明問題、単語の意味や文法、敬語などの問題が出題されています。文学史も毎年出題があります。
漢文は、訓読や訓点、語意や口語訳などが出題されています。

出題内容

現代文は、文芸や文化論についての評論が中心です。古文は、課題文自体は標準レベルです。時代やジャンルに偏りなく、バランスよく出題されます。漢文は、基本レベルです。漢字の読み・書きとりと合わせて出題されます。

対策

評論文の読解が合格のカギ

現代文では、近年、評論文の出題が続いています。出題頻度が高いので、評論文の読解対策は必須です。
成蹊 文学部の評論文を読解するためには、文芸論や文化文明論に関する背景知識をつけておくと良いでしょう。背景知識があると、内容が理解しやすくなります。

また、評論文は論旨を掴むことが何より大切です。接続詞や段落の前後関係に留意することが読解のコツです。段落ごとにキーセンテンスを2~3文見つけたり、要約したりする練習をすると、評論文の読解力が上がります。
内容説明の記述問題が必出になっているので、主旨の要約、人物の心情説明などを、30~50字程度でまとめる練習をしておいた方が良いでしょう。

現代文では、「ことわざ」や「慣用的表現」についての設問もあります。日頃から言葉の意味・用法を意識して、語彙力も高めていきましょう。国語辞典・漢和辞典を引く習慣をつけると、語彙力は自然とついていきます。

ただ、現代文は受験生が一人で対策していても、なかなか伸びる教科ではありません。成蹊 文学部の傾向に詳しい人に、傾向に合わせて評論文読解のポイント、合格に必要な語彙、背景知識などを的確に指導してもらった方が、成果は出やすいと言えます。国語で伸び悩んだら、一人で対策を続けずに、傾向に詳しい人の手を借りるのも良い対策です。

文法と語彙が読解の基礎

成蹊 文学部の古文では、物語、日記類が頻出のため、とくにこのジャンルを重点的に対策していきましょう。
古文の読解の基本となるのは、語彙力と文法力です。読解演習をする前に、重要古語と文法事項をしっかり押さえることが、古文読解のポイントです。
とくに、文法は用語の活用、助詞・助動詞の意味と識別、敬語の種類と用法などの知識を固めておくことが大切です。なかでも、助動詞の意味と識別が理解できれば、大抵の古文は読みこなすことができます。
文法力を格段に伸ばすには、全ての文章に関して、品詞分解をし、一つ一つの単語の意味・用法を確認していくことです。ただ、すべての文節に文法的説明がされている問題集、参考書はほとんどありません。
その場合、成蹊 文学部の傾向に詳しい人の手を借りるのも良いでしょう。助動詞の意味や活用には、見分け方のコツ、識別のポイントがあります。成蹊 文学部の傾向に合わせて、ポイントを指導してもらうと、文法も非常に理解しやすくなります。正確に読解するためにも、文法は早めにマスターすることをお勧めします。

漢文・漢字・文学史の対策も忘れずに

漢文は、本文の大半が書き下し文になっているので、基本の句形、返り点の付け方などを理解しておけば、それほど難しくはありません。念のため、漢詩特有の表現技法、故事成語や格言などは押さえておきましょう。

漢字は、記号選択ではなく記述式での出題になります。ややレベルは高いので、漢字問題集を一冊はこなした方が良いでしょう。とくに読みの問題は要注意です。難読漢字まで、しっかり学んでおきましょう。

文学史は、主要な作品や文芸思潮に関わるものが中心です。背景となる「時代の様相」と「文学の流れ」を関連付けて理解することが求められます。対策としては、国語便覧に取り組むことです。時代背景とも合わせて把握していきましょう。
文学史は一人で対策すると非常に時間のかかる分野ですが、成蹊 文学部の傾向に詳しい人に、押さえるべきポイントを教えてもらうと、かなり時間短縮ができ、他の勉強を圧迫せずにすみます。それだけでなく、成蹊 文学部に出やすいポイントに絞って、必要な知識だけを的確に習得できれば、短期間でも大きな成果を出すことが可能です。

さらに詳しく成蹊大学・文学部の傾向と対策を知りたい方、成蹊大学・文学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・文学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・文学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学文学部の他の教科も確認する

成蹊大学・文学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ