.

成蹊大学
法学部
国語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から成蹊大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

国語対策

このページでは、成蹊大学 法学部の国語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の法学部を目指す方には国語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

傾向

成蹊大学 経済学部(一般入試[A方式])の国語は、大きく2つの特徴があります。

・評論文メインの出題
・語彙、文学史の出題も出題されることがある

こうした傾向に合わせ、成蹊大学 経済学部(一般入試[A方式])の国語で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

2010年度までは「国語総合(近代以降の文章)」でしたが、2011年度に「現代文」が追加されました。

難易度

標準

出題量

現代文のみ3題出題されます。

出題・解答形式

全問マークシート式です。
内容に関する設問が圧倒的に多くなっています。筆者の主張や、段落の要旨を内容真偽の形で問うものが頻出です。
空所補充の問題では、語句だけでなく文や段落を補充する場合もあります。
知識問題も頻出です。これまでに漢字の書き取り、語意、慣用表現、四字熟語、俳句に関わるものなどの出題が見られます。

出題内容

評論文の出題がメインです。が、随筆、小説、会話文などの出題も見られます。
出題のテーマは、文芸・思想・哲学・文化・科学・社会など、さまざまなジャンルから出題されています。
問題文のテーマは、多岐にわたっており、社会学・心理学・哲学・政治・法学・歴史・教育・言語・芸術などがあります。

対策

国語常識

国語常識は、独立した大問として出されるわけではありません。しかし、ことわざ、慣用句、四字熟語に関する設問、漢字の書き取り、語意などが問題文に絡めて出題されます。2014年度は「一座建立」について出題されました。
いずれも標準的な問題が多いので、得点源にできるようにしましょう。反対に、ここで落としてしまうと、他の受験生と差がひらいてしまうので要注意です。
対策として、慣用句については、専用の問題集を一冊は解くようにしましょう。日頃から辞書を引く習慣をつけ、覚えていくことも大切です。
漢字の書き取りも難問はないので、入試頻出の問題集を1冊解いておくと良いでしょう。
文学史や詩・短歌・俳句の修辞法、文法などの一般知識が問われることもあります。
これらの対策に関しては、国語便覧の活用がオススメです。便覧をよく読みこんで、基礎知識を身につけるようにしましょう。成蹊 経済学部の国語に詳しい人に、入試に狙われやすいポイントを教えてもらうと、効率よく必要な内容を覚えることができます。

随筆、小説対策

随筆や小説の読解のコツは、筆者や登場人物の心情を想像して読むことです。
ただ、自分の思いこみや経験則で、心情を測り間違えないようにしましょう。随筆や小説であっても、動作やセリフ、表情、筆者の体験・経験、情景描写などに、心情が表れます。たとえ、随筆や小説であっても、文中にあるヒントを見つけ、論理的に心情を導きだすことが大切です。
解答のポイントは、選択肢を見る前に、ある程度自分の考えを固めておくことです。そうしないと、選択肢を見たときに迷いが生じ、正解を選び出すのに時間がかかってしまいます。選択肢を見なくても、自分の答えをある程度は決められるように、読解練習をしていきましょう。

幅広い知識を身につけるには

評論文のテーマは、社会系、人文系、政治・法学系と多岐にわたります。評論文は、テーマに関して背景的知識があればあるほど、読解がしやすくなる文章です。
ですから、幅広い分野の評論文に慣れておくと良いでしょう。また、社会科学や人文化学などについて、基本的な概念を知識として持つことをお勧めします。
知識を身につけるには、新書を読むのがベストです。新書からの出題も多いので、積極的に取り組むようにしましょう。
成蹊 経済学部の国語の傾向に詳しい人であれば、押さえておいた方が良いテーマ、背景知識等を知っています。合格に必要な知識を適宜補ってくれるので、効率良く知識の幅を広げることができ、合格できるだけの知識が身につきます。

成蹊 経済学部の評論文で点を取るには

評論文の読解ポイントは、論の展開の仕方をつかむことです。そのためには、段落ごとに要旨を掴むことが大切です。キーワード、キーセンテンスを見つけ、内容の要約ができるようにしていきましょう。
また、評論文は、必ず答えの根拠が本文中に隠されています。ヒントとなるキーセンテンス、キーワードを見つけ、確実に正解を導き出すことが重要です。
さらに、マークセンス方式の設問形式、解答方法に慣れることも大切です。マークセンス方式の問題集を最低1冊は解くようにしましょう。とくに、成蹊 経済学部の内容真偽問題は特徴があるので、過去問演習もしっかり行っておきましょう。
ただ、現代文は受験生が一人で対策していても、なかなか伸びる教科ではありません。成蹊大学文学部の傾向に詳しい人に、傾向に合わせて評論文読解のポイント、合格に必要な語彙、背景知識などを的確に指導してもらった方が、成果は出やすいと言えます。国語で伸び悩んだら、一人で対策を続けずに、傾向に詳しい人の手を借りるのも良い対策です。

成蹊大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学法学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ