.
オンライン家庭教師のメガスタオンライン家庭教師のメガスタ

明治大学
国際日本学部
日本史 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から明治大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

日本史対策

このページでは、明治大学 国際日本学部の日本史入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
明治大学の国際日本学部を目指す方には日本史入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

日本史の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 4題
解答形式 マークシート・記述併用型
その他 史料問題は頻出・初見の史料も多い

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 時代史 マーク 室町時代と史料と文化史
2 時代史 マーク・記述 江戸時代の産業について
3 時代史 マーク・記述 近現代の議院内閣制に関する史料
4 通史 マーク・記述 第二次世界大戦以降の日本

大問の半数が史料問題

明治国際日本の日本史では史料問題は頻出で、初見の史料も多いので、史料読解の力が求められます。全体的に難易度は標準レベルですが、史料問題では詳細な知識が求められることもあり、苦戦する受験生が多いでしょう。

海外とのかかわりを問う文化史

国際日本学部では、学部の性質から、外来文化との関係を問う問題が多く、文化史の比重も大きいです。

日本史の対策

教科書を読み込む

明治国際日本の日本史は資料問題こそ多いものの、難易度は標準的といえます。なのでまずは、教科書を丁寧に読み込むことが重要です。

他の学部と比べて空所補充問題の割合が高いので、知識量が点数につながりやすい試験と言えます。なので、日本史の用語集等を活用して、基礎知識に抜けがないか、正確に書けるかを確認しましょう。

史料集を活用する

明治の国際日本の日本史では資料問題が数多く出題されます。教科書以外にも、資料集などにある史料にも目を通すようにしましょう。

また前述したように、文化史では海外と関係あるものが頻出です。作品名や作者だけでなく、資料集などでどのような国から影響を受けたかも確認するようにしてください。

明治大学・国際日本学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、明治大学・国際日本学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、明治大学・国際日本学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 明治大学国際日本学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ