.

CM放映中!!

立教大学  経済学部
日本史 入試傾向と対策ポイント

日本史対策

このページでは、立教大学 経済学部の日本史入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
立教大学の経済学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

立教大学 経済学部 経済学科 日本史の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 2題
解答形式 マークシート・記述式
その他 標準的

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 テーマ史 マーク・記述・選択・配列 「太平記」にみる史料批判
2 テーマ史 マーク・記述・選択・配列 古代~現代における情報の伝達手段

教科書内容に沿った標準的な問題

立教経済の日本史は、解答個数が例年50~60個となっています。地図・図版・史料を用いた出題も見られますが、教科書の内容をふまえた問題が高い割合を占めるため、教科書内容の徹底的な理解が重要です。近現代史を中心に難問が出題されることもあり、学習密度が低いと難しいと感じるでしょう。

文化史や社会経済史における幅広い知識

立教経済の日本史は、古代から近現代まで幅広く出題されているため、幅広い時代にわたるきめ細やかな学習が必要です。文化史や社会経済史では、「仏像制作の歴史」「宗教と死者との関わり」「歴史家朝河貫一の人物史」など、ユニークなテーマ史の出題も見られ、幅広い知識が試されています。

立教大学 経済学部 経済学科 日本史の対策

教科書の徹底学習が重要

立教経済の日本史は、教科書を中心に学習していれば十分解答できる問題がほとんどです。年代配列問題や正文・誤文選択問題を中心として、やや細かい内容が含まれることもありますが、『日本史用語集』(山川出版社)や『風呂で覚える日本史〔年代〕』(教学社)などを用いて、人物・歴史用語や年代の正確な把握に努めておくことで、しっかり得点を稼ぐことができるでしょう。

テーマ史学習、過去問の活用は効果的

立教経済の日本史は、テーマ史・通史が頻出しており、1つのテーマについて、時代を超えてまとめる作業は大いに効果があります。また、戦後を取り上げた問題では、数値なども含めて細かい内容も出題されるため、注意が必要です。立教大学独自の出題形式、傾向になれるためにも、過去問を活用して積極的に解いておきましょう。

立教大学 経済学部 会計ファイナンス学科 日本史の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 2題
解答形式 マークシート・記述式
その他 標準的

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 テーマ史 マーク・記述・選択・配列 「太平記」にみる史料批判
2 テーマ史 マーク・記述・選択・配列 古代~現代における情報の伝達手段

教科書内容に沿った標準的な問題

立教会計ファイナンスの日本史は、解答個数が例年50~60個となっています。地図・図版・史料を用いた出題も見られますが、教科書の内容をふまえた問題が高い割合を占めるため、教科書内容の徹底的な理解が重要です。近現代史を中心に難問が出題されることもあり、学習密度が低いと難しいと感じるでしょう。

文化史や社会経済史における幅広い知識

立教会計ファイナンスの日本史は、古代から近現代まで幅広く出題されているため、幅広い時代にわたるきめ細やかな学習が必要です。文化史や社会経済史では、「仏像制作の歴史」「宗教と死者との関わり」「歴史家朝河貫一の人物史」など、ユニークなテーマ史の出題も見られ、幅広い知識が試されています。

立教大学 経済学部 会計ファイナンス学科 日本史の対策

教科書の徹底学習が重要

立教会計ファイナンスの日本史は、教科書を中心に学習していれば十分解答できる問題がほとんどです。年代配列問題や正文・誤文選択問題を中心として、やや細かい内容が含まれることもありますが、『日本史用語集』(山川出版社)や『風呂で覚える日本史〔年代〕』(教学社)などを用いて、人物・歴史用語や年代の正確な把握に努めておくことで、しっかり得点を稼ぐことができるでしょう。

テーマ史学習、過去問の活用は効果的

立教会計ファイナンスの日本史は、テーマ史・通史が頻出しており、1つのテーマについて、時代を超えてまとめる作業は大いに効果があります。また、戦後を取り上げた問題では、数値なども含めて細かい内容も出題されるため、注意が必要です。立教大学独自の出題形式、傾向になれるためにも、過去問を活用して積極的に解いておきましょう。

立教大学 経済学部 経済政策学科 日本史の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 2題
解答形式 マークシート・記述式
その他 標準的

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 テーマ史 マーク・記述・選択・配列 「太平記」にみる史料批判
2 テーマ史 マーク・記述・選択・配列 古代~現代における情報の伝達手段

教科書内容に沿った標準的な問題

立教会計ファイナンスの日本史は、解答個数が例年50~60個となっています。地図・図版・史料を用いた出題も見られますが、教科書の内容をふまえた問題が高い割合を占めるため、教科書内容の徹底的な理解が重要です。近現代史を中心に難問が出題されることもあり、学習密度が低いと難しいと感じるでしょう。

文化史や社会経済史における幅広い知識

立教会計ファイナンスの日本史は、古代から近現代まで幅広く出題されているため、幅広い時代にわたるきめ細やかな学習が必要です。文化史や社会経済史では、「仏像制作の歴史」「宗教と死者との関わり」「歴史家朝河貫一の人物史」など、ユニークなテーマ史の出題も見られ、幅広い知識が試されています。

立教大学 経済学部 経済政策学科 日本史の対策

教科書の徹底学習が重要

立教会計ファイナンスの日本史は、教科書を中心に学習していれば十分解答できる問題がほとんどです。年代配列問題や正文・誤文選択問題を中心として、やや細かい内容が含まれることもありますが、『日本史用語集』(山川出版社)や『風呂で覚える日本史〔年代〕』(教学社)などを用いて、人物・歴史用語や年代の正確な把握に努めておくことで、しっかり得点を稼ぐことができるでしょう。

テーマ史学習、過去問の活用は効果的

立教会計ファイナンスの日本史は、テーマ史・通史が頻出しており、1つのテーマについて、時代を超えてまとめる作業は大いに効果があります。また、戦後を取り上げた問題では、数値なども含めて細かい内容も出題されるため、注意が必要です。立教大学独自の出題形式、傾向になれるためにも、過去問を活用して積極的に解いておきましょう。

さらに詳しく立教大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、立教大学・経済学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、立教大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、立教大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 立教大学経済学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ