.

CM放映中!!

早稲田大学  文学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、早稲田大学 文学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の文学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

入試傾向

試験時間:90分

解答形式:マークシート式+記述式

大問数:5題

早稲田のなかでも、文学部は特に読解重視

文学部の英語は、早稲田のなかでも、特に読解問題を重視した内容です。論説文3題に加え、会話表現の空所補充問題と200語弱の英文を簡潔な英文でまとめる問題で、5題です。90分という時間に対してかなりボリュームがあります。
ちなみに、旧第一文学部、旧第二文学部とは、出題傾向が大きく変わっているので、注意が必要です。

対策

英文の設問は瞬時の理解が必須

早稲田は、文学部を含めた、政経・法・理工系・国際教養・文化構想学部で、設問が英文で書かれています。
設問には複雑なものもありますが、スピードが最重要となる文学部の英語では、瞬間的に設問を理解することが必須です。過去問の演習や他学部の過去問を利用し、英文での質問に慣れておきましょう。また、内容理解の設問の対策にも他学部の過去問が役立ちます。

文化論、社会論、歴史論などが出題

文学部の英語では、長文読解の題材として、文化論、社会論、歴史論などが出題されます。世界史や時事に関する基礎知識が少なからず英文の早い理解に繋がるでしょう。
専門用語に出会う機会も少なくありません。語彙力があれば即答できる空所補充問題も出るため、語彙力強化は合格の最低条件です。さらに、分からない単語の意味を、文脈から推測する力も必要です。
過去問演習などで分からない単語に出会ったら、答え合わせの際に辞書を引き、接頭辞や接尾辞が持つ意味にも着目してみてください。同分野の文章が出題されたときに、その知識が、分からない単語の意味を類推するのを助けてくれるかもしれません。

会話文の取りこぼしは厳禁

また、文学部の英語では、会話文も出題されます。慣用的な口語表現が出題されることがあり、難易度は標準的です。選択肢を選ぶときに、意味内容で考えると迷ってしまう選択肢が複数あることがあるので、空欄の前後から「形」を意識して解くと選びやすくなるでしょう。合格するためには、取りこぼしは厳禁です。

英作文の代用となる文学部独自の「要約問題」

文学部の英語が他の学部と大きく違うのは、最後に出される「要約問題」です。「in your own words」と指示され、自分の言葉で表現することが求められます。
自分の考えを自由に表現できるレベルの語彙力、文中の言葉を言い換えられる熟語力はもちろんのこと、把握した長文のポイントを1センテンスでまとめる国語力も求められます。
また、トピックが明確な文章ばかりが出題されるわけではないので、具体例や理由などから要旨を推測できる力も重要です。
こういった自由英作文の場合はなるべく平易な表現、文法ミスで点数を引かれる可能性のない表現を用いましょう。

さらに詳しく早稲田大学・文学部の傾向と対策を知りたい方、早稲田大学・文学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・文学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・文学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学文学部の他の教科も確認する

早稲田大学・文学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ