.

早稲田大学  政治経済
入試傾向と対策ポイント

このページでは、早稲田大学の政治経済の特徴や攻略ポイントを解説しています。早稲田大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

早稲田大学の政治経済入試問題の特徴

早稲田の政経は私大最難関

早稲田の政経は、難関私大の中で、最も難易度が高いと言われています。教科書レベルをはるかに超えた、広範かつ深い知識が求められます。さらに、世界史・日本史・地理との関連問題も出題されます。

時事問題の水準が高い

早稲田に限らず、政治経済で受験する以上、時事問題は避けて通れません。ただ、早稲田の場合、要求される時事的教養の水準はかなり高めです。新聞・雑誌などの重要ニュースや論説記事の要点整理、最新の政経用語集の学習など、念入りな対策が必要です。

一部の学部では、統計知識も求められる

商学部・政治経済学部・社会科学部・人間科学部などでは、統計データや数値に関する知識を試す問題が毎年出題されています。資料集を利用して、基本的なデータには目を通しておくなどの対策は必須です。

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ