.

全国対応の家庭教師

早稲田大学  商学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、早稲田大学 商学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の商学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。



早稲田大学 商学部 英語の基本情報

試験時間 90分
大問数 5題
解答形式 マークシート・記述併用型
頻出単元 論説文・エッセー・会話文

 早稲田大学・商学部 英語の傾向

長文読解の特徴

例年、会話文の大問が1題と、500語程度の読解問題が4題の計5題出題で安定しています。

読解問題では、健康や心理・科学などさまざまなジャンルのものが取り上げられているのが特徴です。

設問の内容は、空欄補充や内容の真偽、語句の意味を問う問題などが中心で、全体的な英語の能力が問われます。

文法・語彙問題の特徴

傍線部の熟語の言い換えや接続語の補充、和文英訳・英文和訳など出題範囲は多岐に渡ります。

会話文では、口語表現が問われることもあります。

早稲田大学 商学部 英語で合格点を勝ち取るには

4題出題される読解問題への対策が必須

早稲田大学商学部の英語は、全体の読解量が多く、また記述式も含まれることが特徴です。

また、文中には大学受験レベルを超えた難解な単語が出題されることもあります。

そこで重要なのが、分からない単語があっても前後の文脈から意味を推測する力です。

パラグラフごとに区切って全体的な意味を把握する「パラグラフ・リーディング」の習得が重要になるでしょう。

また、さまざまなジャンルのトピックに対応できるよう、分野に偏らない問題演習も重要です。

全体的な英語力のトレーニングが重要

早稲田大学商学部の英語の特徴として、会話文の大問が出題されることが挙げられます。

また、口語表現にも対応できるよう、会話文への対策は必須です。

それだけではなく、空欄補充や英文和訳・和文英訳など、さまざまな角度からの英語力も問われる構成になっています。

毎年傾向は変わらないため、過去演習を通して効果的に対策をしていきましょう。

さらに詳しく早稲田大学・商学部の傾向と対策を知りたい方、早稲田大学・商学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・商学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・商学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学商学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ