.

全国対応の家庭教師

早稲田大学  人間科学部
化学 入試傾向と対策ポイント

化学対策

このページでは、早稲田大学 人間科学部の化学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の人間科学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。



早稲田大学 人間科学部 化学の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 5題
解答形式 マークシート方式
その他 計算問題が多数出題

大問の内訳・内容

問題番号 項目 解答形式 備考
1 無機、理論 マーク式 電子配置など
2 理論 マーク式 結晶の結合について
3 有機 マーク式 臭素分子の付加反応
4 理論 マーク式 電離、平衡など
5 理論 マーク式 身のまわりの化学について

理論・有機が重点的に出題

早稲田大学人間科学部の化学では、理論と有機を重視しており、特に理論の出題の割合が大きいです。各分野とも、広範囲から出題されています。

計算問題が多い

例年計算問題が多く、大問1つにつき1題以上出題された年度もあります。試験時間に対して問題数が多く、計算問題も多いので、時間配分には注意が必要です。

早稲田大学 人間科学部 化学の対策

理論は十分な対策が必須

早稲田大学人間科学部の化学は、理論の比重が大きい傾向にあります。理論分野の全範囲から出題されており、穴のないような学習が必要です。気体、酸・塩基、熱化学、酸化還元、化学平衡などの計算問題がよく出題される分野は特にしっかり対策しておきましょう。

有機も重視しておりますが、理論的な要素の多い出題が多く見られますので、構造や異性体などから対策をはじめましょう。無機も出題数は少ないですが、有機と同様、理論に関係する分野はしっかり学習する必要があります。

計算問題の練習を重ねる

計算問題の出題が多く試験時間も長くはないため、手際の良い計算が出来るように、しっかり練習を重ねていおきましょう。

さらに詳しく早稲田大学・人間科学部の傾向と対策を知りたい方、早稲田大学・人間科学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・人間科学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・人間科学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学人間科学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ