.

全国対応の家庭教師

早稲田大学  人間科学部
政治経済 入試傾向と対策ポイント

政治経済対策

このページでは、早稲田大学 人間科学部の政治経済入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の人間科学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

入試傾向

早稲田大学 人間科学部の政治経済は、大きく2つの特徴がある

  1. 教科書レベルの標準問題が7~8割
  2. 統計資料問題や時事問題の難易度は高い

政治分野、経済分野共に幅広い範囲から出題されています。

大問4〜5題の出題で、全問マークシート方式です。試験時間は2012年度より60分になっています。

政治分野

早稲田大学・人間科学部・政治経済の政治分野は、近代民主政治の原理、人権、司法制度、日本の選挙制度と政党政治、地方自治、アジアヨーロッパの政治、国際連合に関する問題が出題されています。特に地方自治の分野では、かなり細かい知識が問われています。加えて憲法問題や各国の政治機構の比較などは、例年出題されるので、十分な対策が必要です。

経済分野

早稲田大学・人間科学部・政治経済の経済分野は、高校の学習範囲を超えた、かなり細かな専門用語や人名などが出題されています。さらに労働・社会保障など国民福祉に関する問題では、具体的な関連法規に加えて、非正規雇用の労働問、少子高齢化の現状と対策等も取り上げられています。2014年度には、計算問題も出題されたことがあるので、注意が必要です。

対策

標準問題の対策

早稲田大学・人間科学部・政治経済は、問題の大半が教科書レベルの基本的事項から出題されています。教科書の内容をしっかりと理解することで解答できます。 教科書を何度も熟読し、教科書に書かれていることは、グラフや表、図版・脚注まで理解を徹底しましょう。 しっかりと基礎固めをして、基本問題・標準問題は取りこぼしをしないで、確実に押さえることが大切です。教科書に太字で記されている重要な用語や、わかりにくいと思った用語は用語集を活用してしっかりと調べるようにして、知識の定着を深めていきましょう。

教科書レベルの標準問題が中心とはいえ、教科書の幅広い範囲から、優先順位を付けて学習することは、とても難しいです。そのような場合は、一人で考え込むのではなく早稲田大学人間科学部の入試傾向に詳しい人にアドバイスをしてもらうとよいでしょう。入試に狙われやすいポイントがすぐに分かるので、ポイントを絞って学習できます。このように効率の良い学習を進めることが、合格への近道です。

統計問題・時事問題の対策は入念に

早稲田大学・人間科学部・政治経済は、統計資料問題や時事的な知識を問う問題は難易度が高いので、入念な対策が必要です。 教科書では説明されていない事項からの出題が多いので、最新の資料集を活用しましょう。単に目先の事件や出来事だけを追うのではなく、その背景に隠されている因果関係についても深く学習をしておきましょう。

それにプラスして日頃からニュースや新聞に目を通すようにしましょう。毎日「日本経済新聞」の経済面や政治面をチェックすることをお勧めします。さらに余力があれば重要と思われる記事の切り抜きをしたり、メモを取ったりすると、実力が向上しやすくなります。

ただ、なかなか1人でミスの原因を突き止めるのは難しいです。早稲田 人間科学部の物理に詳しい人なら、早稲田 人間科学部の入試傾向、学力状況に合わせてケアレスミス防止対策など、最適な対策を講じてくれるので、合格できる力を効率よく身に付けられます。

さらに詳しく早稲田大学・人間科学部の傾向と対策を知りたい方、早稲田大学・人間科学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・人間科学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・人間科学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学人間科学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ