.

早稲田大学
法学部
世界史 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から早稲田大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

世界史対策

このページでは、早稲田大学 法学部の世界史入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の法学部を目指す方には世界史入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

入試傾向

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

古代~近現代が中心の問題です。西洋史、東洋史ともに出題されます。大問5題の出題です。小問は30~40題程度ですが、250~300字で指定語句を用いた論述問題があります。試験時間に対し、出題量が多くなっています。選択式問題のうち空欄補充や正誤問題が多めです。

出題内容

選択式問題の西洋史は、西ヨーロッパ・北アメリカの内容が中心で、近世・近現代から多く出題されます。しかし、西洋古代・中世からの出題もあり、範囲は幅広いです。東洋史では、中国の前近代史についての問題がほぼ毎年出ています。中東領域や東南アジアからも出題されます。論述式問題では、近世・近現代の政治制度に関する領域や外交関係に関する領域が多く出されています。

対策

教科書はすみずみまでチェック

出題される問題のほとんどは、教科書レベルの問題です。まずは教科書を念入りに学習していってください。 教科書は本文や用語だけでなく、注釈や図や写真などの資料にもしっかりと目を通しておきましょう。しかし、中には、受験レベルを超えた問題がでることもあります。 わからない部分や曖昧な部分は、参考書で調べるなどして、知識を深めておきましょう。教科書と、参考書や用語集を併用した学習が効果的です。

西洋史は西ヨーロッパ・北アメリカから固めよう

正誤選択問題の西洋史の範囲は、特に、16~19世紀の西ヨーロッパや北アメリカの領域からの出題頻度が高くなっています。 しかし、ルネサンスや中世ヨーロッパの政治制度など、西洋古代・中世史も出題されるため、幅広い学習が必要になります。 なので、西洋史では、西ヨーロッパと北アメリカを中心に幅広く学習し、その上で、近世・近現代史の学習も進めていくと効果的です。

東洋史のややこしい用語は整理して暗記

東洋史の範囲は、中国の前近代の問題が毎年出題されています。各王朝・各時代の政治や制度が問われる問題が多いので、それぞれの時代について正確に理解しておくことが大切です。 この領域は、似たような用語が多く、時代の様子が刻々と変化していくので、しっかりと整理しておきましょう。

東洋史では、中国以外にも中東や東南アジアについても出題されます。中国史以外も軽視せず、理解を深めておいてください。

勝負を大きく分ける論述

早稲田大学法学部の世界史の問題は、論述式問題が特徴です。この論述式問題の攻略が、結果を大きく左右すると言っても過言ではありません。 250~300字という長めの文字数指定ですが、指定語句があることもあるため、記述のポイントはつかみやすくなっています。

しかし、文章の展開や骨組をしっかりと決めてから書かないと、論点のずれた解答になってしまいます。論述の問題集を使って、まずは100字程度で文章をまとめる練習をしてみてください。ただし、実際の試験では問題集に載っている解答のような難しい言葉を使った文章は求められていません。身近な先生に添削をしてもらうなどして、正しい論述方法を身につけてください。

出題内容は、主に、特定の国や時代における政治外交の面で起きた出来事について論述する問題です。
特に、近世・近現代に関するものが多く、この時代の政治史や外交関連史について学習しておいてください。 過去には、「朝鮮王朝末期の政治状況」について述べる問題や、「フーヴァーとローズヴェルトの恐慌対策」について述べる問題がありました。 世界史の知識差が論述の出来に大きく反映されてしまう問題なので、対策はしっかりと行いましょう。 早稲田大学法学部の世界史の問題は、内容的にはあまり難易度が高くないものの、解答スピードに注意しなければなりません。日頃から、時間を計測して演習を行っておきましょう。また、知識を増やすことと、論述する力を養うことを平行してバランスよく学習をすることが大切です。

早稲田大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学法学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ