.

早稲田大学  政治経済学部
数学 入試傾向と対策ポイント

数学対策

このページでは、早稲田大学 政治経済学部の数学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の政治経済学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

出題傾向

1問1問じっくりと悩む時間はない

早稲田大学 政治経済学部の数学は、試験時間60分に対して、大問数3~4題の出題となっています。2017年度の総回答数は15問、1問1問じっくりと悩む時間は有りません。

数学Iからの出題はほとんど見られない

早稲田大学 出題範囲は、数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B (「確率分布と統計的な推測」を除く)となっていますが、数学Iからの出題はほとんど見られません。空欄補充式、記述式の併用です。

頻出分野は、微積分を始め、ベクトルや確率

早稲田大学 政治経済学部の数学の頻出分野は、微積分を始め、ベクトルや確率です。2017年度の大問4の空間ベクトルで1次結合を扱った問題については、特に後半は解きづらい問題でした。

近年は、整数問題の出題が続いている

設問としては、証明問題が出題されることが多い

ほとんどが典型的な問題ですが、稀に発想力を必要とする問題もあります。全体的な難易度は標準~やや難です。

対策

基礎固めをしっかり行う

早稲田大学 政治経済学部の数学を攻略するには、基礎の徹底理解が必要不可欠です。証明問題や基本事項を展開・分析するような問題などが出題されているため、公式をただ暗記するだけでは歯が立ちません。教科書や参考書の学習を通じて、数学の系統的・論理的な知識をきちんと理解しておきましょう。

証明問題には十分な対策が必要

証明問題は2017年度の出題は有りませんでしたが頻出です。解答の要領をつかむのがたいへん難しいです。また、早稲田大学 政治経済学部の数学の場合、論理的な展開が求められるため、筋道の通った簡潔な解答をしなければなりません。十分に答案作成の練習を積むことに加え、他の人に添削指導を受けておくことが合格への効果的な対策です。

時間を計って実戦的な学習を心がけよう

早稲田大学 政治経済学部の数学は、試験時間60分に対してかなりのボリュームがあります。問題への“慣れ”と時間配分が合格へのカギとなります。まずは、いろいろなタイプの問題にあたり、解答・解法に慣れてください。そのうえで、試験時間を想定して、模試や過去問演習に挑戦していきましょう。

さらに詳しく早稲田大学・政治経済学部の傾向と対策を知りたい方、早稲田大学・政治経済学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・政治経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・政治経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学政治経済学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ