.

全国対応の家庭教師

早稲田大学  先進理工学部
生物 入試傾向と対策ポイント

生物対策

このページでは、早稲田大学 先進理工学部の生物入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の先進理工学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

早稲田大学先進理工学部 生物の入試傾向

基本情報

試験時間 2科目120分
大問数 3題
解答形式 記述・選択式
その他

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 細胞、遺伝情報 記述 マラリア熱と鎌状赤血球貧血症、遺伝子発現調節
2 遺伝情報 記述 遺伝子発現調節
3 細胞 記述 酵素反応、ミカエリス‐メンテン式

遺伝情報、細胞、生殖・発生の分野が頻出

早大先進理工の生物は、遺伝情報、細胞、生殖・発生分野からの出題がとても多くなっています。

記号選択問題はほとんどなし、論述問題頻出

早大先進理工の生物は、記号選択問題がほとんどありません。ほぼすべての問題が記述式になっています。また、論述問題も複数問出題されます。

早稲田大学先進理工学部 生物の対策

まずは教科書を中心に

早大先進理工は教科書以上の問題も出題されるに加え、頻出分野が比較的はっきりしていますが、まずは教科書を全分野に渡って勉強するようにしましょう。その上で、頻出分野の応用問題などを解くようにしましょう。教科書もただ覚えるだけでなく、事象や実験の意味などをよく考えた上で覚えていくようにしましょう。

理由、原因までしっかり覚える

早大先進理工の生物は、ほぼ記述式のため、あいまいな知識では太刀打ちできません。また、論述問題が難問も出題されるので、基礎知識を覚えるときから理由、原因を考えるようにしましょう。「なぜこの実験を行うのか」「なぜこのような現象が起こるのか」ということまで説明できるようにしましょう。特に、頻出分野に関しては徹底するようにしましょう。

さらに詳しく早稲田大学・先進理工学部の傾向と対策を知りたい方、早稲田大学・先進理工学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・先進理工学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・先進理工学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学先進理工学部の他の教科も確認する

早稲田大学・先進理工学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ