.

全国対応の家庭教師

早稲田大学  先進理工学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、早稲田大学 先進理工学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の先進理工学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。



早稲田大学・先進理工学部 英語の基本情報

試験時間 90分
大問数 5題
解答形式 マークシート
頻出単元 論説文(数学・化学論など)

早稲田大学・先進理工学部 英語の傾向

文法問題の特徴

文法問題は、大問5題のうち1題のみの出題で、空所補充問題が出題されます。

単語を構成しているアルファベットを数字に変換しなければならず、単語の綴りの正確性が求められる問題です。

長文読解の特徴

文法問題は、大問5題のうち4題出題されます。

学術論文のような文章が多く、難易度はかなり高いです。

内容は、数学論や科学論などの理系関連の文章が多くなっています。

設問の内容は、語句整序、空所補充、内容理解など、幅広い出題形式です。

 早稲田大学・先進理工学部 英語で合格点を勝ち取るには

英語の速読力をつける

早稲田大学先進理工学部の英語の特徴は、文章量の多さです。

いかに素早く文章を読み、内容を理解できるかということが合格へのポイントとなってきます。

まずは、一定の長さの英文をゆっくり読み、大まかな文章の内容を掴みましょう。

次に、文章の構成や単語の意味を考えながらより細かく内容を理解するようにしましょう。

そして次の段階として、段落と段落の関係、つながりを考えてみましょう。

このように、まずは段階的に文章を読む練習をし、英文和訳に慣れる練習をすることが非常に重要です。

知識をつける

文法や単語の知識をつけることは英文を読む上で欠かせません。

長文を読んだときにわからなかった単語や文法にマークをつけ、覚えていくようにしましょう。

単語を覚える際、専門的な単語は後回しにするなど、時間を有効に使うことも重要です。

過去問演習を徹底的に

例年出題形式に変わりはないため、過去問を多く解き、出題形式に慣れておきましょう。

また、早稲田大学先進理工学部のように、専門的な文章が多く出題されるような試験では、過去問で専門的な単語の知識をつけておくことが非常に重要になってきます。

さらに詳しく早稲田大学・先進理工学部の傾向と対策を知りたい方、早稲田大学・先進理工学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・先進理工学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・先進理工学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学先進理工学部の他の教科も確認する

早稲田大学・先進理工学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ