.

早稲田大学
社会科学部
英語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から早稲田大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

英語対策

このページでは、早稲田大学 社会科学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の社会科学部を目指す方には英語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

早稲田大学・社会科学部・社会科学科 英語の基本情報

試験時間 90分
大問数 5題
解答形式 マークシート
頻出単元 論説文・エッセー

早稲田大学・社会科学部・社会科学科 英語の傾向

文法問題の特徴

早稲田社会科学部の文法問題は、大問5題のうち1題のみの出題で、誤りを指摘する問題が出題されています。

難易度はやや難レベルです。

長文読解の特徴

読解問題は4題出題されます。

このことからも、早稲田大学・社会科学部の英語は読解問題中心の出題といえます。

出題される英文は、エッセー・論説文が多く、各国の歴史や文化、時事問題なども多い傾向です。

設問の内容は、内容説明、内容真偽、主題を選べなど、長文の内容把握を問うものが多くなっています。

早稲田大学・社会科学部・社会科学科 英語で合格点を勝ち取るには

誤り指摘は多くの問題集を使って対策

誤り指摘は、まずは高校の参考書や問題集で繰り返し解くようにしましょう。

そのうえで、TOEICなどの問題を使った応用問題対策をすると力をつけることができます。

長文問題は段階で慣らす

まずは長文をじっくり読み、それに慣れてきたら速読など時間配分に気をつけたトレーニングをしていくことが重要です。

早稲田大学・社会科学部の英語で出題される語彙や表現のレベルは比較的高いですが、論旨が明確な文が多いため、前後関係で読み取ることもできるのでとにかく長文に慣れましょう。

予備知識を武器に

読解問題の英文では、国際的な時事問題などが多く出題される傾向にあるため、時事問題などの知識を持っておくと内容理解を素早く、深くすることができます。

普段から国際情勢に関心を持つようにし、予備知識をつけておくようにしましょう。

独自問題こそしっかり傾向を把握

早稲田大学・社会科学部独自の「本文から推論できるものを選べ」という設問は、特徴的であるがゆえに、対策さえしておけば得点源にできる問題です。

過去問等でこの出題の傾向を捉えることで、確実に得点を取りにいきましょう。

早稲田大学・社会科学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・社会科学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・社会科学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学社会科学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ