.

早稲田大学  社会科学部
政治経済 入試傾向と対策ポイント

政治経済対策

このページでは、早稲田大学 社会科学部の政治経済入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学の社会科学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。



早稲田大学 社会科学部 政治経済の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 4題
解答形式 マークシート
その他 難化

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 政治 マーク 国家
2 国内政治 マーク 地方自治
3 国内経済 マーク 財政
4 国際経済 マーク 為替と貿易

基本的な部分で正誤が別れる問題が多い

早稲田社学の政経では、選択肢に細かい内容まで書かれている問題でも基本的な部分で正誤が別れる場合が多いです。

為替の計算問題や時事問題関連が出題

早稲田社学の政経は、2016年度がアベノミクス(第三の矢)と関連のある出題、2017年度が為替の計算も含む問題が出題されました。

早稲田大学 社会科学部 政治経済の対策

知識量よりも基礎の徹底

早稲田社学の政経の選択肢は、細かい部分より基本的な部分で正誤が別れている場合が多いです。なので、知識量をできる限り広げる、よりは基礎の部分を徹底的に身につけるほうが有効だといえます。制度の仕組みなどは必ず覚えておきましょう。

時事問題もしっかりチェック

政治経済は社会科の中で最も現在と結びつけやすいジャンルです。新聞やニュース、時事問題集を活用し、時事問題に対応できる知識をつけましょう。

さらに詳しく早稲田大学・社会科学部の傾向と対策を知りたい方、早稲田大学・社会科学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・社会科学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・社会科学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学社会科学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ