.

全国対応の家庭教師

早稲田大学  スポーツ科学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、早稲田大学 スポーツ科学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
早稲田大学のスポーツ科学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。



早稲田大学 スポーツ科学部 英語の基本情報

試験時間 90分
大問数 5題
解答形式 マークシート型
頻出単元 論説文・空欄補充・正誤問題

早稲田大学・スポーツ科学部 英語の傾向

長文読解の特徴

早稲田大学スポーツ科学部の英語は、大問1~3はで長文読解が出題されます。

700語~1000語程度の文章が3題出題され、総語数は2200語~2600語とかなり多いのが特徴です。

また、文章内容もスポーツ科学部らしく、スポーツや運動に関係するものがよく出題されます。

設問は、内容説明や内容真偽、同意表現などが中心の出題です。

文法・語彙問題の特徴

大問4・5では読解問題はなく、短文の空欄補充・誤り指摘の問題が出題されます。

まれに、かなり難解な問題が出題されることもありますが、基礎的な語彙力と文法が定着していれば十分に合格点が狙えます。

 早稲田大学 スポーツ科学部 英語で合格点を勝ち取るには

長文読解は、速読力をつけること

早稲田スポーツ科学の長文読解は、設問はオーソドックスなレベルなのに対し、文章量が多いです。

そのため、速読力をつけることが重要です。

文章内容は説明文とエッセイに分かれていますが、問われるのはどちらも「内容理解」です。

設問も英語です。

英文の大意を理解すれば解ける問題がほとんどですが、部分内容や特定箇所に込められた意味を選ぶ問題は読み込みが必要でしょう。

また、スポーツに絡めた出題が多いことも特徴ですが、分かりにくい専門用語はさほど目立ちません。

 語法正誤問題は勉強する部分を絞る

語法正誤問題は、出題傾向の似ている人間科学部よりは易しいですが、大学受験全体で考えると難しい部類に入ります。

やみくもに知識を増やすのではなく、問われやすい「時制」や「不定詞」などに絞った対策をするのがポイントです。

また、中央大学法学部にも似ている語法正誤問題が出されています。実践演習として活用してみてください。

紛らわしい選択肢が混ぜられがちな問題ですが、演習を繰り返し問われやすいパターンを掴めば、自らの回答解答に自信を 持つことができます。

さらに詳しく早稲田大学・スポーツ科学部の傾向と対策を知りたい方、早稲田大学・スポーツ科学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、早稲田大学・スポーツ科学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、早稲田大学・スポーツ科学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 早稲田大学スポーツ科学部の他の教科も確認する

早稲田大学・スポーツ科学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ