私立大学受験日本史対策

AbemaTV「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線」

メガスタディ日本史を担当している「保坂」講師が、私大受験対策専門家としてAbemaTV出演しました。

■2018年1月27日放送

青学日本史のスペシャリストが
研究した"出題傾向""対策方法"とは

※期間限定動画配信中

■2018年2月3日放送

青学入試まで残り5日
高得点連発!日本史正答率82%

※期間限定動画配信中

メガスタディのプロ家庭教師「保坂」講師の授業を映像講座で受講することもできます

日本史が足を引っ張っている大学受験生の方へ

私立大学受験専門・家庭教師メガスタディのサイトにお越し頂きありがとうございます。
このページでは、日本史について、難関・上位私立大学を目指す受験生に多い悩みとその解決策についてまとめています

  • 日本史の流れを覚えられない
  • 教科書・用語集・史料集などをどこまで覚えればいいか分からない
  • 模試の問題は、知識不足で手も足も出ない
  • 史料問題が解けない
  • 記述問題が書けない
  • 文化史、政治史、外交史、経済史などが分からない
  • 学校の授業では、志望校の入試のレベルをカバーできない
  • そもそも日本史の勉強方法がよくわからない

など、当てはまることがある方は、ぜひ参考にしてください。

日本史-大学受験生に多い悩みとその原因

日本史の流れ日本史の流れを覚えられない

日本史が苦手な受験生に最も多い悩みが、「日本史の流れを覚えられない」というものです。
日本史の流れを理解しないまま、教科書やノートの重要用語を丸暗記して、定期テストを受けていることはないでしょうか?
丸覚えのやり方は、定期テストは良くても、入試本番では到底通用しません。日本史の得点力を伸ばす上で、「日本史の流れ」を理解することは基本となります。もっというと、流れを理解した途端、急激に日本史の成績が伸びる受験生は多くいます。丸覚えしている受験生は、早めに勉強方法を切り替えることが必須です。

教科書・用語集・史料集どこまで覚えればいいかわからない、知識が不足している

日本史で伸び悩んでいる受験生は、教科書・用語集・史料集などの教材を上手く活用できていないケースが多いです。
その原因の多くは、「志望校に受かるには、どこまで覚えればいいか」を教えてもらっていないためです。

例えば、早稲田、慶應、明治、中央などの難関・上位大学を目指す場合、教科書は、本文だけでなく、脚注、系統図、史料などを、隅から隅までまんべんなく覚えていることが合格の前提です。

教科書以外に、用語集や史料集から、いかに掘り下げた知識を得ているかが、合否を分けます。

教材を上手く活用できていない受験生は、早めに「志望校に受かるために、どこまで覚えればいいか」を把握することが大切です。

史料問題史料問題が解けない、史料問題の勉強法が分からない

多くの受験生が史料問題(古文書史料から関連する史実を推測させる問題)でつまずいてしまう原因は、大きく3つあります。

1つめは、「ほとんどの学校が、授業で史料問題の対策を丁寧に行ってくれない」ということ。2つめは、「史料問題の勉強法が分からない」ということ。3つめは、「古文が苦手」だということです。

史料問題は、早稲田、慶應、明治、中央などの難関・上位大学を目指す場合、入試で頻出です。ですので、しっかりと対策する必要があります。

史料問題を解けるようにするには、日本史の学習の際に、関連史料を常に読むことが重要です。また、史料問題の演習を行い、知識が定着しているか確認しましょう。さらに、古文書自体に苦手意識を持っている受験生は、古文の学習もしっかり行うことがポイントです。

ただ、史料問題ばかりに学習時間を割くことはあまりおすすめしません。史料問題の学習は、志望大学・学部の傾向を考えた上で、頻出の史料を優先的に選んで行うことも大切です。

記述・論述対策記述・論述問題が解けない、対策法が分からない

模試などで、「記述・論述問題が解けない」という受験生は多いです。
記述・論述問題でつまずいてしまう原因は、「知識不足」「理解不足」の大きく2つです。

記述・論述問題は、「出来事の背景・理由を答える」「ある事件に対して、誰がどのように対処したのか答える」など、史実の詳細な知識を問うものが多いです。ですので、用語を覚えるばかりの中途半端な学習法では、太刀打ちできません。
記述・論述問題で得点力を上げるには、人に教えられるレベルまで、しっかり理解しながら日本史を学習することが重要です。
また、記述問題では、漢字のミス等も減点対象になるので、漢字を正しく書けるようにしておくことも大切です。

分野別の歴史文化史・政治史・外交史・経済史などの問題になると解けない

多くの難関・上位大学の入試では、文化史・政治史・外交史・経済史など、特定の分野だけの歴史を問う問題が頻出です。ですが、これらの対策を授業でしっかり行う学校は少ないため、受験生は対策不足に陥りがちです。特に、難関・上位大学を目指す受験生は、独自できちんと対策する必要があります。
ただ、対策するには、通常学習して身につける知識に加え、各分野について、さらに細かな知識を身につける必要があります。例えば、文化史では、仏像の階級、仏閣の建築様式など。経済史では、流通貨幣の種類と当時の貿易形式の特徴などです。志望大学・学部の入試によっては、手持ちの教材だけでは内容が足りない可能性もあります。ですので、詳しい人に、何を勉強すればいいか教えてもらうことも重要です。

志望校対策(過去問対策)合格点に届かない、手も足もでない

日本史は、志望大学・学部によって、傾向が大きく異なります。
難易度、文章量、扱う題材、出題形式など、特徴はさまざまです。そのため、志望大学・学部の傾向に沿った勉強をすることが大切です。

また、日本史に関しては、現役生は、浪人生に比べて不利になりがちです。なぜなら、現役生は、どうしても主要科目(英語、国語、数学)の学習に多くの時間を割かなければなりませんが、浪人生は、現役生に比べて社会の対策をする時間が多いからです。
特に難関・上位大学を志望する場合、ライバルは現役生だけでなく、浪人生も多くなります。合格点以上とる実力を身につけるために、日本史は、限られた時間の中で、効率良く対策することも大切です。
ただ、「そもそもどこから手をつけていいか分からない」「志望大学・学部に受かるには何をすればいいのか分からない」という受験生も多くいます。その辺りの見極めが、合否にも大きく影響しますので、注意が必要です。

これらのお悩みを解決して
志望大に合格させます!
まずは資料をご請求ください

私大受験専門・プロ家庭教師のメガスタディには、数多くの担当生徒の日本史を伸ばし、志望大に合格させてきたプロ家庭教師が在籍しています。

「どうすれば日本史の成績を伸ばせるか」「志望大に受かるためには、何をすれば良いのか」を熟知したプロ家庭教師が、これらのお悩みを解決して、志望大に合格させます。

少しでもご興味をお持ち頂いた方は、まずは成績を伸ばすノウハウや情報を詰め込んだ、メガスタディの資料をご請求ください。

また、私立大学受験専門のスタッフによる学習相談も承っています。もしご不明な点やこれからの勉強について相談したいことなどがあれば、ぜひお気軽に、下記のフリーダイヤルよりお電話頂ければと思います。

⇒日本史の成績を伸ばして志望大に合格したい方は、まずは資料をご請求ください

家庭教師メガスタディ
興味がありましたら、まずは 無料資料請求
受験に役立つ情報満載の資料を無料でお届けします。

【保存版】入試傾向&対策完全攻略本
有名私大(早慶上智を含む22大学223学部)の入試英語について、傾向と対策を解説
※数にかぎりがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。
学年別対策冊子
合格体験記
プロ家庭教師ができること
メガスタディの詳しいシステム、料金
無料資料請求・お問い合わせはこちら
メガスタディ オンライン
志望校合格を目指す高2・高1生へ
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ <世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市
東部/ 西部/ 南部/ 北部
川崎市
その他の神奈川県
大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/
習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/ 等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

 ※指導による成果には個人差があります。 ページトップへ