.

東京理科大学
経営学部
英語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から東京理科大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

英語対策

このページでは、東京理科大学 経営学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
東京理科大学の経営学部を目指す方には英語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

東京理科大学・経営学部 英語の基本情報

試験時間 80分
大問数 5題
解答形式 マークシート式
頻出単元 空所補充、語句整序、内容真偽

東京理科大学・経営学部 英語の傾向

文法・語彙問題の特徴

大問は全5題で、そのうち2題が文法・語彙問題です。

ほぼ毎年、誤り指摘問題と空所補充が1題ずつ出題されており、イディオムを含めた高い語彙力が必要とされる設問となっています。

また、長文読解問題の中で語句整序、語彙問題も出題されているのでそれらの対策も抜かりなく行いましょう。

長文読解問題の特徴

長文読解問題は3問出題されている。

読解する英文の内容は、自然科学、社会学、言語学など様々な分野からバランスよく出題されています。

設問については空所補充、内容説明、内容真偽、語句整序などバラエティー豊富です。

特徴として近年は、内容把握に重きを置いた出題が多い傾向にあります。

東京理科大学・経営学部 英語で合格点を勝ち取るには

文法力を磨きましょう

文法問題でしっかり得点できるように同じ形式の問題をたくさん解いておきましょう。

問題の形式は一般的なものなので過去問や同じ形式の問題が載っている問題集を手に入れるのが良いと思います。

また、仮定法や分詞構文や倒置など、基礎的な文法力が身についていないとスムーズな読解ができない英文が出題されているので文法事項をしっかり押さえてください。

語彙力の強化を

東京理科大 経営学部の英語は英文がやや難しいため、細かく正確な語彙の知識が求められます。

学習の際には関連する語彙、語形の変化、派生語などもしっかり覚えましょう。

例文やフレーズを使って覚えていくのも理解を深める良い学習方法です。

背景知識も読解には有効

英文を読解するさい、背景知識は大きな助けになることがあります。

普段よりいろんなことに関心を向けて背景知識を溜め込みましょう。

しかし、背景知識を解答の根拠にするのは危険です。

たとえ知っている話題が出題されても本文中より解答の根拠を探すのを忘れないようにしましょう。

東京理科大学・経営学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、東京理科大学・経営学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、東京理科大学・経営学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 東京理科大学経営学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ