.

東京理科大学  生物
入試傾向と対策ポイント

このページでは、東京理科大学の生物の特徴や攻略ポイントを解説しています。東京理科大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

東京理科大学の生物入試問題の特徴

実験問題のリード文が長い

東京理科大学の生物は、実験考察問題が多いです。また、リード文が比較的長いため、実験そのものを理解するのに時間がかかってしまう学生が多いでしょう。長い問題設定の中で、必要な情報を見つける力が求められます。日頃から、リード文の長い問題演習にあたり、読み取りの能力を上げましょう。問題演習をする時は、答え合わせの際模範解答を参照すると、答えの糸口の見つけ方を学ぶことができます。実験問題では、結果の推定をする際、いかにインプットした知識を活用できるかが重要です。問題演習をし、そういった作業の訓練を行いましょう。

計算問題が多い

東京理科大学の生物は、計算問題やグラフの問題が多いのが特徴です。中には、モル濃度を計算させるような、化学的計算問題も多く、独特な形式が多いです。単位の換算や、指数の計算練習はしっかりと取り組んでおきましょう。尿生成における濃度計算や、神経の速度計算、遺伝子やタンパク質での物質量計算など、特に計算問題の多い分野は重点的に演習をしましょう。

試験時間が足りなくなりやすい

東京理科大学の生物は、単なる知識問題は少なく、ほとんどが実験の考察問題や計算問題です。そのため、実験問題の問題文の読み取りや計算に時間がかかり、試験時間がなくなりやすいです。日頃から問題演習をする際に、制限時間を設け、時間内に解ききる練習をしておきましょう。過去問題への取り組みは早めに行い、実際の試験でどれくらいの量を何分でこなさなけれならないのかをイメージできるようにしておきましょう。

東京理科大学生物 学部別の出題傾向と特徴

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ