.

東京理科大学  政治経済
入試傾向と対策ポイント

このページでは、東京理科大学の政治経済の特徴や攻略ポイントを解説しています。東京理科大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

東京理科大学の政治経済入試問題の特徴

経済分野に比重がおかれた出題

東京理科大学の政経は、政治分野よりも、経済分野に比重が置かれた出題です。
経済分野からは、金融・財政政策や国際収支、外国為替相場など、国際経済に関する出題が目立ちます。また、経済思想に関する深い知識が問われることもあります。
政治分野からは、憲法に関する問題や、国際政治関係の問題が出題されます。

時事知識の掘り下げが必要

東京理科大学の政経は、時事問題について深く知識を掘り下げられるため、苦戦する学生が多いでしょう。
特に、論述問題で時事的な事柄が問われることが多いので、語句だけでなく、その中身や背景を理解することが必要です。

論述問題の対策が必要

東京理科大学の政経は、100字~150字に字数指定された、論述問題が出題されます。
字数はあまり多くはありませんが、テーマ自体は書きにくいものが多いです。
用語に関する背景知識や、時事問題の内容について、しっかりと学習しておきましょう。
知識がついたら、100字以内で文章を書く練習をし、学校の先生に添削をしてもらい、文章力を上げていきましょう。

東京理科大学政治経済 学部別の出題傾向と特徴

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ