.

東京理科大学  世界史
入試傾向と対策ポイント

このページでは、東京理科大学の世界史の特徴や攻略ポイントを解説しています。東京理科大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

東京理科大学の世界史入試問題の特徴

正誤問題の難易度が高い

東京理科大学の世界史は、正誤問題の数が多く、また、中には教科書の内容を超えるような、判断のつきにくい選択肢が設けられています
教科書だけでなく、世界史B用語集を利用して、徹底して知識を獲得しましょう。
その際、単に用語を覚えるだけでなく、その内容や背景を押さえることが重要です。
その後は模擬試験や参考書で数多く問題に当たり、自分の知識の抜けを見つけては繰り返し復習をしましょう。

テーマ史が出題されることがある

東京理科大学の世界史は、1つの国や地域をテーマとした大問が出題されることがあります。
教科書に断片的に出てくるテーマを、用語集や資料集の情報も合わせながら地域別・国史別に自分でまとめておきましょう。
その際、その地域・国の周辺諸地域についてまで一緒にまとめておきましょう。

現代史の大問が出題される

東京理科大学の世界史は、古代から近現代まで幅広く出題され、例年現代史の大問が出題されているのが特徴です。
近現代史は、出題頻度が高いにも関わらず、学習が疎かになりがちです。
近現代史こそ、学習を早めに始め、時事問題にも対応できるだけの知識獲得に努めましょう。
特に各国の外交事情については、時事的なものも含め、抜け目なく押さえておきましょう。

東京理科大学世界史 学部別の出題傾向と特徴

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ