.

東京理科大学  日本史
入試傾向と対策ポイント

このページでは、東京理科大学の日本史の特徴や攻略ポイントを解説しています。東京理科大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

東京理科大学の日本史入試問題の特徴

社会経済史を中心に幅広く出題

東京理科大学の日本史は、重点分野は社会経済史ですが、外交史や文化史も必ず出題されるので、幅広い学習が必要です。
時代で見ると、古代から近現代まで出題され、近現代は1990年代まで出題されることがあります。なので、時事的な事柄もしっかりと学習しておきましょう。

史料問題が頻出

東京理科大学の日本史は、史料問題の出題頻度が高いです。
教科書に載っているものは、注釈まで詳細に確認しておきましょう。
また、初見の史料が出題されることもあるので、史料文の読解力も必要です。
教科書や史料集の史料を一通り学習したら、史料問題集を利用して学習しましょう。

数百字の論述問題

東京理科大学の日本史は、100字~400字の論述問題が出題されます。
使用語句が指定されていたり、グラフの読み取りであったりすることが多いので、比較的取り組みやすいですが、数百字の文章をすばやくまとめる力が必要です。
答案作成と添削を繰り返し、文章力を伸ばしましょう。

東京理科大学日本史 学部別の出題傾向と特徴

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ